ブログ難しすぎワロタ!筆者が感じてきた苦悩

この記事は約4分46秒で読めます

おはようございます!

おはようからおやすみまで暮らしを見つめるあっちゃん( @AcidmanTener)です!

最近、ブログを書くのがたのしゅうてたのしゅうて仕方ないっす

「えっ?いままで楽しくなかったの?」とおもわれるかも知れませんがそういう訳ではなく、いままでの筆者のブログって周りの評価重視で書いてまして、けっこう頭をつかってたんす。気もつかってたんす

なので、ひとつ書くのにすごく労力がかかる。苦労したぶんだけ閲覧が伸びればすっげぇ楽しいんすが、伸びなかったときはメンタルぼろっぼろになっちゃってたんすよね「えっ?いままでのアレ、頭使って書いてたの?」って思ったやつちょっとこっち来いよ

ですがねー前々から悩んでたことがありまして

 

コレ、誰のブログなん?

 

って感じること。そして

 

これがやりたいブログなん?

 

っておもうこと。これらがたまにあったんす

それが心にひっかかって、ブログをたのしゅうない物へと変えてしまってたんじゃないかなぁと。やーねー

今回は筆者がブロガーとしてどういう心境の変化があったのか、またブログを書くにあたり考えてきたこと。なんかを書いていきます

 

ーーーーーー

ターゲットが大事

筆者はブログを書きはじめたとき、まず「現場百件」ということで、様々なクラクラブロガーさんのブログを読みあさりました(いまおもうとクラクラブロガーに限定したのはナンセンスでした)

読んだ結果。ぶっちゃけ「??????」って感じでした。まったく参考にならんのですよ。みんな違いすぎて

攻略、クランの活動報告、クラクラ界のうごき、裏ワザ、クラクラのプログラムについて、おっぱい派vsおしり派、小説、歩きスマホの危険性、鼻血でました、などなど。まさに十人十色

 

クラクラ関係なくね?みたいな記事がビックリするほどおおい

 

そして

 

えっ?これ?これが人気あんの?

 

って記事がよくありました。また叩かれそうだなオイ

自分が参加してないイベントの報告、ブロガーさんが所属しているクランの活動経過、身のまわりで起きたこと、これいつのだよっていうアプデの情報

そういうモンがだいたい見てておもしろくなかったすねー

これについてはすごく簡単な理由でした

 

自分がそれらの記事のターゲットから外れていたから

 

昔のアプデ情報なんてまさに最たるモンっす、このとき筆者は「ブログを勉強するために無理矢理ブログを読んでいる」状態でしたから、ターゲットから外れている記事も読んじゃってたんすよね。そりゃおもしろくねーわな。ブログの書きかたについては参考になりましたけど

あとからそれを理解したときできるだけたくさんのひとをターゲットにした記事を書こうとおもいましたね

 

ーーーーーー

クラクラというコンテンツの難しさ

「できるだけたくさんのひとをターゲットに」それを突き詰めていくと攻略に行きつくわけなんす。けど、攻略は

 

まぁーライバルがおおい!!

 

クラクラはとくにっべーす。マジっべーす

だって、根本的な攻略は年単位でほぼ変わってないんすもん。サイドカット、ラッシュ系、gowi系、クイヒー、ゴレホグ、ラヴァル、ハイブリ、などなど。しかもハイクオリティなモンがゴロゴロ。つーか、クラクラ徹底攻略さん見ておけばこと足りますしねー

他のソシャゲなら、あたらしいキャラクターや武器、クエストなんかが絶え間なくアップデートされるので、情報を仕入れるスピードやマニアック性など、どこかひとつに特化すれば新参者にもチャンスはあります

ですが、クラクラの場合過去の発信もライバルになる

もうねー、このコンテンツで攻略系のブログ書こうとおもったら新戦術とか配置とかしかないんすよ

新戦術なんかそんなホイホイあみ出せるわけがないし、配置もパターンがおおすぎてブログでまとめるのは至難のワザ。いったい何万字になんねーん!と

結果、手あかまみれのモンしか残らず「いまさらこの記事かいても無意味じゃね?」な状況がおおいわけで、さっそく行き詰まったわけっすねー

 

このコンテンツ、ムリくね?

 

ーーーーーー

行きついたのがコラム

筆者がブロガーになるとき、クロロさんから運営学総論補講というタイトルをいただきました

筆者のなかで確固たる運営論があるのを把握されてましたしクランレベル世界一位のクランがどういう運営をおこなっているのかがインパクトあったからかなぁと。いやじっさい知らんけど。ノリで決めたのかも知れません。ありそうでこわい

攻略に活路が見いだせないので、そういったコラムにピントを合わせ「リーダーとは!」「クラメンとは!」「まほらまってこういうクラン」な記事を中心にかきはじめました

 

が、また行き詰まりました

 

どんだけ行き詰まんねんと。ここまで袋小路だと息もつまるわ

思うはやすし文字におこすはむずかしというのを痛感しましたねー。わかってはいたんすが文章ってパズルなんす

書いてる途中で

「あっ、コレを書くならアレも書かなきゃ」「でも、アレを書くならココの接続詞おかしくね?」「というか、コレとアレを反対にしなきゃダメじゃね?」

冗談みたいに聞こえますが、こういうことがガチで多い。これはもう慣れるしかねぇ。いまだに慣れてないけど…

そして、ネタがすぐになくなるんす

「ターゲットが大事」のときみんな違いすぎて参考にならない。どこに人気の秘密があるのかわからないって書きましたが、これって名をあげたブロガーさんたちは自分のスタイルやキャラクターを確立されていて、なにげない日常の話でも「このひとのブログだからおもしろい」的なモンまで昇華してたからなんすよね

でも、それが確立できないと常にネタを探さなきゃならない。いや、ほんとうに閲覧数ふやすなら

 

キャラクターを作りつつ、ネタもまじえなきゃいけない

 

攻略がムリだからコラムに逃げたのに、コラムはコラムでいばらの道という。というか、センスが直結するのでコラムのほうがもっとムズいという。あまかった。「真面目にはたらくなんてムリだから俺はユーチューバーになるぜ!」ってあの日飛びだしたタカシくらいあまかった。誰だよタカシって

 

ーーーーーー

で、結局どうなったかというと

 

一度、自分の好きなように徹底的に書く

 

これに落ちつきました

そっからブラッシュアップをしようと

一から完ぺきに積み上げるのではなく、とりあえずいったん書いてみてそこから調整しようと。産むはやすし

するとですねー、意外とメッセージ性やキャラクターが出せたんすよね。読んでておもしろかったし

いままで筆者は一番の読者である自分自身をターゲットに入れてなかったんすよね

そりゃおもしろくねーわなって

 

ーーーーーー

これってクランのリーダーなんかもそうかも知れません

自分自身がたのしめなくなりモチベが下がるくらいなら、いったん自分の好き勝手にやってみるのも良いかも知れません

 

あなたの産み出したものを一番愛してるのはあなた自身なんですから

 

なので筆者もタカシを愛そうとおもいます

以上、今日も実りある日になりますよう

関連記事

  1. 2015.11.26

    一戦入魂