TH10-抜群の安定感ヘビメタ編成でブン回す

この記事は約4分33秒で読めます

どうも、こんにちは
LinkJP-ArcadiaサブリーダーのMelkisedecです。

今回は、まずこちらの動画を紹介したいと思います。

日本を代表する上位クランとして有名な”Logic Donators”
そのリーダーを努めるtommyさんの動画です。

【クラクラ実況】闇呪文で全壊して行こう!新編成ヘビメタ攻め!【clash of clans】

最近はずっとマルチでこの編成を試していたのですが、
自分の思っていた以上に使いやすかったので、ここで改めて紹介したいと思います。

 

ヘビメタ攻めの編成例

闇兵舎

ゴーレム * 2
ガーゴイル * 2

兵舎

P.E.E.K.A * 4
ウィザード * 12
ウォールブレイカー * 12
バーバリアン * 4

呪文

レイジ * 2
ジャンプ * 1

闇呪文

ポイズン * 1
アースクエイク * 4

援軍

ゴレセット(ゴレ、ウィズ、ババ)

使用コスト(最大レベル時)

368,000 エリクサー
2,362 ダークエリクサー
待ち時間 最大90分(ボトルネック:呪文工場)

特徴的なのは、P.E.E.K.Aを4体と多めに編成し、闇呪文のアースクエイクを編成していることです。
また、兵舎、闇兵舎、呪文工場、闇呪文工場とまんべんなく使うことによって、編成スピードが早く、各予約もしやすい編成になっています。
1日に何度も編成し直すマルチでの攻めにも、もってこいの編成です。

 

ヘビメタ攻めのココが強い!

圧倒的な対マルチインフェルノタワー耐性

HPの多いユニットが計7体も編成されていることによって、マルチインフェルノタワーの攻撃を受けきることが可能です。
ゴーレム、P.E.E.K.Aを中央に誘導することによって、後ろに控えるウィザードへの被弾を抑えることができます。
対TH10で必須ともいえるフリーズの呪文を切ることができるのはこれのおかげです。

硬い壁だって爆破・崩壊・破壊・飛び越える

重いユニットが主体となるこの編成では、ユニットの誘導が重要になります。
そこに立ち塞がるのは、言うまでもなく壁です。
しかし、この壁を簡単に処理できるのがこのヘビメタ編成。

  1. ウォールブレイカーで壁を爆破(主に手前側)
  2. アースクエイクの呪文で崩壊させる(できればユニット投入前に使ってしまう)
  3. 手の届かないところもレイジ状態のP.E.E.K.Aで破壊する
  4. ジャンプで壁を飛び越える

と、様々な手段で壁を処理することができます。
攻めるベースによってこれらを使い分けて、グイグイ中央まで攻め込んでいきましょう。

あっという間の50%破壊。そして気付けば・・・

中央部隊にP.E.E.K.A * 2 ゴーレム * 1左右にそれぞれP.E.E.K.A * 1 ゴーレム * 1
後方でウィザードがフォロー。これがヘビメタ攻めの理想の形だと思います。
横一直線に押し進めていく、そんなイメージです。
この理想が叶うと、THを破壊した頃には50%破壊、星2個獲得できていることが多いです。
そして、その延長線上に100%破壊、星3を狙うことができることも、魅力のひとつです。

 

ヘビメタ攻めの弱点

最大の弱点シングルインフェルノタワー

重量級ユニットをたくさん積み、なおかつフリーズもないこの編成だと、やはりシングルインフェルノタワーは辛いです。
ただし、今流行りのAQ Walk、まだまだ強いハイブリッド、ゴレホグ対策でマルチインフェルノタワーは健在しています。といいますか、一長一短あるためどちらも廃れることはないでしょう。
マルチインフェルノタワー * 2のベースを見つけ出して攻撃するのが無難です。

地味にうるさいスケルトントラップ

援軍に対してポイズンを使ってしまうと、こいつが厄介です。
わらわら湧いて来たところでレイジを使ってしまうと勿体無いのでちょっと我慢してから打つと良いです。
ITが残り1本で、星2個狙いというのであれば、HPに余裕があってもバーバリアンキングのアイアンフィストを使ってしまうのも手かなと思います。

援軍で出てくるドラゴン、バルーン、ラヴァハウンド

対空性能が低めなため、これらが出てくると少し辛いかもしれません。
きっちりとレイジをウィザードとアーチャークイーンにかけて、一気に処理してしまいましょう。

 

ヘビメタ攻めの手順

動画内で丁寧に説明されているので、そちらを参考にしてもらって、ポイントだけ抑えておきます。

ベース選択

インフェルノタワーは両方マルチのベースを選択しましょう。
また、広いベースだと攻めやすいです。この場合、アースクエイクかジャンプ、どちらかは温存できるかもしれません。
アースクエイクの打ちどころを探しつつ、探索を続けましょう。

序盤

アースクエイクによって、ユニットの通り道を確保します。慌てて打つ事のないように、一番最初に落としておくのが良いです。
ウォールブレイカーでユニットのエントリーポイントの確保します。その後ゴレを三点出しで投入します。
ウィザードでフォローしつつ、各ゴーレムにP.E.E.K.Aを追従させます。
ヒーローをアーチャークイーン、バーバリアンキングの順で投入します。ここでのバーバリアンキングは遅らせ気味で大丈夫です。(バーバリアンキングの被弾を減らすことが目的)

中盤

目安としては、アーチャークイーンが本体に追い付いたところでレイジを使い攻めを加速させます。ここで邪魔な壁があればジャンプを使いましょう。
ポイズンが残っていれば、中央付近にフライングポイズン(動画内参照)。さらにレイジで中央付近を壊滅させます。
インフェルノタワー2本折ったところで、バーバリアンキングのアイアンフィストを使えれば理想的です。

終盤

ジャンプが残っていれば、残りの防衛施設目指してジャンプを使います。
ガーゴイルで浮いた施設をお掃除。アーチャークイーンのロイヤルクロークをここまで温存できれば100%も目指せるはずです。

 

ヘビメタ攻めまとめ

少しくらいミスをしても、脳死で50%狙えてしまうヘビメタ攻めの魅力を少しでも伝えられたでしょうか。
ここで紹介した動画の他にも、tommyさんのヘビメタ攻めの動画がたくさんあります。
それらの動画も合わせて参考にしてみてください。
そして、一度マルチで是非お試しくださいませ。私もオススメの編成です。

 

今回は、ヘビメタ攻めの紹介をさせていただきました。
この動画を観て私もすぐ試したんですが、まだ私も慣れていなかったのか
クラメンのPさん「アースクエイクとかヨワイっし!ジャンプ2個持ったほうがいいじゃん!」
と散々disっていたのですが、そろそろ私も慣れてきたのか、いいリプが出来はじめまして、
クラメンのPさん「それ、なんていうんだっけ。スネイク攻めだっけ?」(違う)
興味を煽ることができて、それから一緒になってヘビメタ攻めやってるのですが、結局・・・

クラメンPさん
「ツヨイッ!!マケナイ!!テノヒラクルーッ!!」

調子の良いクラメンPさんはさておき、食わず嫌いは良くないぞって話でした。

 

「文字少なくて読み応えないぞ」という、ご意見をいただいたので、今回はボリューム感満載でお届けしました。
他にもこうして欲しい!この記事追記して欲しい!等ございましたら、ここのコメントでも良いですし、
私のtwitter @Mel_LinkJP でも、お気軽にフォロー、DMをお待ちしております。

ではでは、なにかいいことあったらいいね。
Melkisedecがお送りしました。

関連記事

  1. 2015.11.26

    一戦入魂
  2. 2016.06.22

    かくれんぼ