30人以上増えないクランが抱える問題を考えてみよう|クラ牙狼|クラクラ

この記事は約2分25秒で読めます

BBAみず( @mizu_BBARush)です。

前から思ってたんです。
ブログを書いてるようなクランでも30~35人あたりで止まっているところをよく見ます。
これは何が問題なのか?

知りません。

そう。
こんなタイトルをつけておいて考えるつもりないんです。
では、思ったままに書いてみましょう。

なんでしょうか。
ブログ書いたりLobiで招待したりすると、割と30人過ぎまでは簡単に集まるんだと思います。
と、ここまで書いたあたりでふと思いました。

多分!同じベクトルの人が集まらんのやないか?

と。

参考になるかわかりませんが、BBAの歴史はこんな感じです。

【クラン創設:15人程度】
もともと知り合いで開始してるからお互い分かってるし仲もいい。
ワイワイガヤガヤやってる。

【クラン成長期:30~40人程度】
ブログからのみ募集。
自分で考えて行動できる人のみ募集しそれ以外はお断り。
人に親切にしない人もお断り。

【クラン安定期:50人】
グロチャ、クラン検索からの方も受け入れ。
ここで初めて方針変更。
ブログだけではないので、ベクトルの合わない人が増える。
そのため、先ずは内部意識を変える。

といった状態で今は50人体制が安定して続いています。

過去の経験から適当に推察すると、BBAは募集の縛りがかなり厳しい。
つまり、入団の敷居が高い。
実際に高いのではなくて、私の書く記事の印象から「怖い」とかそんなイメージで。。。
だから、人は集まり辛いんですね。
でも、入ってくる人は根性決まってるんでほぼ高い確率で永住する。
だから、40人くらいまではジワジワ増えていった感じです。

実はこのジワジワが大事なんじゃないかなと思います。

人が減ってもまた本当に欲しい人をジワジワ増やす。
ここをすっ飛ばして「誰でもいいです!」ってやったり、
募集メンバーを妥協すると結局トラブルになって人が安定しない。

Lobiの募集とか読んでても
「これじゃ他のクランと何が違うのかわからないよね」って感じます。

ガチクランは欲しい人材が極端な話をすると旨い人や上昇志向のある人だと思うんで、
人材確保の方針がブレないんですよね。でも半端なクランはブレやすいから注意が必要なんだと思います。
先ほど書いたクラン安定期で「内部の意識を変える」と言いました。

実はこれが一番大変だったと思いますね。
これまではブログからベクトルのあった人が来ていたから楽だったんです。
BANDのことも理解しているしブログで共通の話題もある。
けど、クラン検索でクランプロフだけ読んだだけだったり、フラッと来た人には通用しない。
これまでの普通が普通じゃなくなるんですね。

だから、意識高く引っ張って来た人ほど、許せない事も多くなる。
環境の変化に簡単に適応できる人もいればできない人もいます。
根気よく「もう変わったんだよ」と言い続けて問題が起こる度に話すしかない。
けど、今まで一緒に頑張ってきたメンバーなのでそのうち分かってくれる。

問題0ではないですが、みんなも我慢したり考えたりしてくれたおかげで今は50人で安定しています。

30人あたりで一度、クラン方針を皆で話し合い40人にするためにはどうすればいいのか?
そのために今の問題点と課題を洗い出し、募集の方法と方向性から見直してみてはどうかと思います。
私も方針変更は思い切りましたが、みんなのおかげで何とかなっています。
やっぱ人多い方が楽しいですもんね。

と、グダグダ記事でした。

問題点は洗い出すのは簡単。
だけど、メンバーに理解してもらい解決に向かって行動する。
これが誰にでもはできないんですね。

メンバーと幸せなクラクラライフを

BBARush、サブ垢育て!!への入隊!
みずの個人ブログは下記をクリック↓↓

audit_3_7

みずみず

みず

クランBBARushリーダー
年齢:31
性別:男
福岡在住、妻、子供3人(7歳長女、4歳長男、0歳二男)
根っからの営業マンです!

個人ブログはこちら
http://clashofclans-mizu.hatenablog.jp/

著者の最新記事

関連記事