10th.walker『恋のスイート卍固め』

この記事は約8分2秒で読めます

R10

失礼します。
2っちぇJAPANの
しゃあtheSkywalkerです。

 

さてクイチー
今回を含めて、あと3回となります。

これまで様々なクランが
登場しましたので
少しおさらいを…

Great King Rat

国内最強のクラン。通称「ラット」
現リーダーは2代目。アカウント停止中。
ジュン君、トシ君らが在籍。

Death on Two Legs

ラットに対抗できると噂の対戦特化クラン。
リーダーは人気動画配信者「Br. May」
サブリーダーは「ダチヒト」
通称「デスレグ」

平和台高校3年1組

「サトウ鷹」率いる学生クラン。
メンバーに「かずのこ天丼」「巨大マーラ」

さかりのついた子猫達

対戦頻度が週に1回未満の
女性限定クラン。
「Fカップの持ち主」「Micky♡」ら在籍。
リーダーは「ナイトエンペラー」

Father to Son

「流星KID」が所属しているクラン。
リーダーは息子の吉村。

童の帝

「わっぱのみかど」と読む。
「銃弾丸」が在籍。

The March of the Black Queen

かつての強豪クラン。通称「ブラクイ」
リーダー「ユーム」
サブリーダー「ケール」

スパセルスタッフ

テンさん(エリアマネージャー)
丸山(マッチングスタッフ)
吉村くるみ(マッチングスタッフ)
6th.walker(潜入調査員)
8th.walker(潜入調査員)

ロマん
こうして見ると
結構な数だね
しゃあ
そうですね。
自分でも驚いてます
ロマん
今日は女子校生の
話の続きみたいね
しゃあ
はい、先輩と付き合って
ムフフでアハンな展開に…
ロマん
む、ムフフでアハン!?
しゃあ
まあ一緒に
覗いてみましょう

 


 

image

ここまで読んでくださり
ありがとうございます。
 
次回は貴方を締めつけるわよ♡

よし、書けた♪
ブログ更新っと。

わたし「かずのこ天丼」は
センパイと付き合ってから
サブリーダーに昇格しました。

皆んなからは
「公私混同だ!」なんて
言われているけどイイの。

なんてったって私は
あの「サトウ鷹」の彼女なんだからっ♪

それでね、わたし最近
ブログを開設したんです!

題して
「かずのこ天丼の卍固め」
っていうの。

クランメンバーの失敗リプを載せて
私がダメ出しをするんだ。
卍固めって技をかけるていで。

意外と人気が出てね、
ブログ経由での加入者も
結構増えてきたの♪

少しでもセンパイのお役に立てて
ホント幸せ♡

ブログ更新も終わったし
今日はもう寝よう。
オヤスミなさい♪

 

 

「おい、おはよう〜」

 
こいつはユースケって言って
同じクラスの男子。
そして同じクランのメンバーでもあるの。
クラクラネームは「巨大マーラ」

 
「ユースケおはよ。あっそう言えば
前の対戦でユースケ失敗したよね!
次の卍固めはユースケで決まりね!」

 
ふふふ。ユースケの奴
徹底的にダメ出ししちゃおうっと。

 
「みんな〜聞いて〜!
かずのこ天丼がユースケの巨大マーラを
ギンギンに締めつけま〜す!」

「おい!バカ!やめろって。
でけぇ声で何言ってんだよ!」

 
ユースケの奴、ウロたえてるww
失敗リプが載るのが恥ずかしいんだな。

image

 
「ねぇ、ところでさあ
卍固めってどんな技なの?
ちょっとユースケ私にかけてみてよ」

「えっ?今ここで?お前に?
いや、マズイだろ。かなり密着するし」

「え〜!ユースケのケチ!
かけてよ〜!いっぱいかけて〜!」

「おい、その言い方やめろって」

 
もう!何よユースケ。
決めた。ブログでシゴいてやろう!
巨大マーラをシゴいちゃうもん!

 

 

クラスの子の何人かを
すでにメンバーとして勧誘済みだけど
エリはまだ入ってくれないの。

サトウセンパイと付き合えたのも
エリのおかげだし
クラクラでも一緒にプレイしたいなあ。

今日こそは絶対に
勧誘してやる!

 

説得すること1時間。

やっとエリの勧誘に成功!
エリは可愛いからメンバーの皆
喜ぶだろうな〜♪

エリのクラクラネームは
「はけぐちドール」に決めたみたい。
カワイイっ♡

エリ、後で招待送っておくね♪

 

 

学校帰りはいつもセンパイと一緒。
駅まで送ってくれるんだ。
私にとってこの時間は
何より大切な時間♡

それでね!それでね!
昨日から手を繋いでくれるようになったの!

メッチャ恥ずかしくて
顔が真っ赤っかになっちゃうけど
凄く幸せなの♡

image
 

「あのさ、お前ってさ…
実際にかずのこ天井なのか?」

 
センパイ?何言ってるの?
天井じゃなくて天丼だよ。
間違えてるのかな?

 
「うん、実際にそうだよ♡」

「そ、そうか…
いやチョット興味があって…
ほら俺たちも付き合ってるんだし
そろそろ、そう言う事もさ…」

 
え!センパイったら
かずのこ天丼に興味持ってくれたんだ!
嬉しい♪
そうね、そろそろご馳走しなくちゃ♡

 
「センパイ、味わってみたい?」

「お、おう。凄く味わってみたい」

「じゃあ…次の日曜にウチに来ます…?
ちょうどね、その日は親が居ないんだ♪
センパイに捧げたいと思いますっ♡」

「い、良いのか?ホントに?
む、むしろ今もう我慢出来ない!」

「いやん♡日曜まで我慢して♪
満足してもらえるように頑張るから♡」

 
ふふふ。センパイったら
そんなに食べたいとは♪

私の得意料理だから
絶対に気に入ってくれるはず!

 
「ねぇセンパイ…
日曜日さあ、朝 抜いてきて欲しいな♡」

「え?朝からヌイて来るの?
それマジで言ってる?」

「だってその方が
いっぱい味わえるよ♪」

「そ、そりゃそうだけど…」

「ね!絶対抜いて来てね!
約束だよ♡」

「そんな約束されたの
初めてだよ…」

 
センパイが興奮してる♪
繋いでる手が凄く汗ばんでるから
すぐ分かる♡

こんなに楽しみにしてくれるなんて。
頑張って作るぞー!

 

 

今日はセンパイが家に来る日♡
朝の5時から仕込みしちゃった♪

お兄ちゃんより早く起きるのなんて
久しぶりかも♪

だって、お兄ちゃんは最近
朝の5時過ぎには
グローブ持って出掛けるから。

でも今日は
早くから台所に立つ私を見て
びっくりしてたな♪

さあ頑張って作るぞ〜っと♡

image

ネットで色々調べて
高級な食材を買っちゃったから
お小遣い全て遣ったのは内緒♡

 
海老の皮を剥いて昆布で巻くの。
それを冷蔵庫で数時間寝かせてと…

この昆布だけでも高級品♪
海老や数の子だって
北海道から取り寄せちゃった♪

お出汁を作る椎茸とかも
取り寄せちゃった♪

 
どれどれ、ちと味見♪

うん!美味しい♡
私スゴイ!最高傑作じゃん!

これならセンパイも
満足してくれるはず♪

そろそろセンパイが来る時間ね。
天ぷらの準備しましょうっと♡

 
ピンポ〜ン♪

 
あっ、センパイだ!
いいタイミングよ。

はーい♡
いま開けます〜♡

 
センパイに会えた事が嬉しくて
腕に抱きついちゃった♡

今日は私のかずのこ天丼を
センパイに捧げたいと思います♡

 

 

「何がダメだったんだろう…」

 
床に散らばった御飯を片付けながら
ため息と一緒に声が出ていた。

「こんなもの食べるために来たんじゃない」

センパイはこう言い
器をハネのけて
怒って帰っちゃった…

床には割れた丼ぶりと
御飯や天ぷらが散らばってる。
 

もう、センパイったら
ひと口くらい食べてってよ!

こんなにも余っちゃって…
勿体無いから私が食べちゃうぞ!
 

もぐもぐ、うん美味しい♪

あれ?数の子が塩っぱいかな。
味見した時は良かったのに。

そうか、そうか。
塩っぱいのは涙のせいだ。

さっきからずっと
涙が止まらないんだった♪
私ってドジね。

 

 

あの日からセンパイは
一緒に帰ってくれなくなった。

そしてクランチャットでも
絡んでくれなくなっちゃった…

 
他のメンバーも当然
異変に気付くわけで

私に気を遣ってくれてるのが
逆にツラかった。

 
私はあまりチャットを覗かなく
なっちゃった…

だってセンパイとエリが
最近スゴく仲良くて
見るのがツライんだ。

 

 

センパイと一緒に帰りたい。
この前の事を謝りたい。

そして、もう一度
私の手を握って欲しい…

 
そう思ってセンパイの帰りを
待っていたの。

image

 
でもね
私の目に飛びこんできたのは

エリと楽しそうに歩く
センパイの姿だったの。

 
そっかあ…
エリは私なんかより
ずっと可愛いから当然よね。

エリだったら心から祝福できるよ!
ホントだもん!ホントだもん!

 

夜になって
1通のメールが届いてるのに
気がついた。

クランから外します。

私の恋は
たったの1行で終わっちゃった。

 

 

学校休んじゃった…

何だか皆んなに会うのが
ツライよぅ…

クラン追放されちゃったから
ブログのネタも無いし
そろそろ閉めようかな…

 
ピンポン〜♪

 
誰だろ?
こんな平日の昼間に。

ドアを開けてみると
そこにはユースケが立っていた。

 
どうしたんだろう?

やだ、目が腫れてるのが
バレちゃうじゃん…

 

 

image

私達は近所の公園に来た。
ユースケは、さっきから黙ったまま。
何のつもりかしら。

 
「ユースケ、授業抜け出してきたの?」

私の問いかけに
ユースケはコクリと頷いた。

 
その後、ユースケの話を聞いて
びっくりしちゃった。

ユースケったら
センパイのクラスまで行って
「キックなんてヒドい!」って
文句を言ってきたらしいの。

そしたらユースケまで
キックされちゃったみたいで。

前から思ってたけど
ユースケってホント変な奴。

 
「私なんかの為に…ホント馬鹿ね」

「べ、別にお前の為とかじゃねぇし」

「所属クラン無くなって
これからどうすんの?」

 
ユースケは少し間をおいて
こう言った。

 
「実はオレ、クランを作ろうと
思ってるんだ。良かったらお前も
入ってくれないか?」

 
ユースケはそう言うとすぐに
クランを作り始めた。

「いま招待送ったから」

私は自分に届いた
招待状から
ユースケのクランを見てみた。

「マーラとかずのこ」
このクランは2人の愛の巣です。
邪魔されたくないんで
他の人は加入不可です!

やだ、何これ?
ユースケってホント変な奴。

でもチョット可愛いかも。

 
「どう?入ってくれる?」

 
ユースケ顔真っ赤だよ。
ホント可愛い♡

 
「じゃあさ、入ったら
卍固めかけてくれる?」

image

 

ロマん
甘酸っぱいね
しゃあ
クラクラを通じて
こんな青春物語も
良いもんでしょう
ロマん
この2人の夜の対戦が
気になります
しゃあ
そりゃあ開戦は
23時23分でしょう!
ロマん
おお!そこでも
2323jpが!
しゃあ
参加賞の景品を
是非あげて下さい
しゃあ
以上、失礼しました

 

←9th.walker
『ハスクバーナで身を固め』

11th.walker→
『広いネットの片隅で…』

 

しゃあtheSkywalker

しゃあtheSkywalker

クラン
2っちぇJAPANのリーダー
 
2013年10月にクランに入り
2014年4月にリーダー昇格。

「自称ゆるくても勝てるクラン」
ってブログ書いてます。

著者の最新記事

関連記事

  1. 141
  2. core_02
  3. %e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%ac%e3%83%ad
  4. wef
  5. 11