[JSBS] J soulブラジャーズ – クラン目標

この記事は約1分50秒で読めます

お疲れ様です。ブラジャーズのスナプキンです。

 

さて、まずはブログ開設に伴い、このクランの目標を明示したいと思います。

 

そもそも、クラン対戦に「勝利」するクランを作りたくてブラジャーズを立ち上げました。

 

このゲームの魅力は(1)クラン対戦(2)ネカマ村の育成と、大きく2つあると考えてます。

 

私の目指すところは(1)クラン対戦です。

 

勝つから楽しいの。

 

もちろん負け戦から得られるものもありますが、やるからには勝ちたいというのが本音です。

 

まずはこの考えに賛同できない方、つまり、対戦でなく村の育成に楽しみを見出している。

 

そんな方はブラジャーズとは対岸の存在である、パンティーズに加入をお勧めします。
※ファーミングクランのことです。

 

images

いや、これ真面目な話でクランの方向性とメンバーの考えのズレというのはお互いにとってデメリットしかないのですよ。

 

勝つクランになる、そのためには同格から星3個とれるメンバーを50人集めればてっとり早い、そんなことは当たり前ですが、基本的に同格を全壊できるプレーヤーが少ないのがこのゲームの現状です。

 

 

このゲームは「Th8以下」と「Th9以上」で別のゲームになると考えています。

 

 

・TH8以下→→→どのクランにいっても歓迎される新卒キャピキャピの女性新入社員そんな存在です。しかも低賃金。組織にとってその存在たるや貴重なのです。自然とテントが張れます。

 

・Th9以上→→→転職活動中のおっさん。しかも、経験・実力が未知数にも関わらず、年収1000万を要求してくるおっさんです。これは実力が伴わない場合、致命的です。どこも受け入れてくれません。まるでダメなおっさん、略してマダオです。あれ?涙が止まらない。結論、「欲しい人材」と「そうでない人材」に分かれます。

 

つまり、クラン運営=会社組織の運営、もっと言えばクラクラ=現代社会の縮図ともいえるわけです。
話を戻すと、ブラジャーズが常勝クランになるためにはどうしたらいいのか。

 

それは向上心です。

 

 

今は、向上心さえあればOK。逆にいうと向上心の無いと判断した方はキックさせていただきます。

 

 

負け戦から学び、全壊プレーヤーになりましょう。

 

DSC_0078

長々と駄文を綴ってきましたが、何が言いたいのかというと、
ノーブラの反対語はイエス!パンティーだと思うの。

 

 

以上。

関連記事