良い新人さんは組織を成長させてくれるというお話

この記事は約10分58秒で読めます

おはようございます!あっちゃん( @AcidmanTener)です!

みなさん、クランに新人さんが来たとき積極的にコミュニケーションをとっていますか?
もしなにもしていないのであれば、ぜひ自分から話しかけてあげてください

なぜなら、あたらしい環境に身をおいたひとというのは期待よりも不安な気持ちがおおきいからです

長いあいだ組織に身をおいてる人たちや役職をうけもっている方たち。
そういった人たちが積極的に話しかけ、新人さんに居場所をつくってあげる。
これが組織づくりにおいて非常にインポータントだと俺はかんがえています

今回は俺がつとめている会社、俺が担当している班にある新人さんがはいってきたことをクラクラと重ねながらお話していきます

 

事実は小説よりも奇なり

 

落ちこぼれといわれた新人。ダンディ

俺がつとめているのは運送会社の子会社。社員が20数名。のこり200名ほどのアルバイトさん。
東京ドームがまるっと入るほどの敷地に数十台のトラックがズラリ。ベルトコンベアでながれてきた荷物をひたすらトラックに積んでいく。
これが主な仕事です

俺が担当している班には12名のスタッフがおり、おっさんから20代の女性まで幅ひろく在籍。

先日、そんな俺の班にお笑い芸人のダンディ坂野さんそっくりな50歳すぎのおっさんがゲッツしてきました。

image
彼をダンディさんとよびましょう

ダンディさんはもともと俺と仲のいい先輩の班にいたのですが、あまりにも仕事ができずラーメンおごるからお前んとこの誰かとトレードして^^と脅はk…取りひきをされ、なかば強引にやってきました

仕事を教えるということ。

前評判がわるいダンディさん。とりあえずどこがそんなにダメなのかを把握するところからはじめよう。そう思い仕事ぶりをしばらく観察したのですが…

とにっかく動きがはやい!!
あの前評判はなんだったのかとおもうくらいに!

サササッサササッ!!

おおおー!!!!

あっという間にガタガタのグラグラに積まれてゆくダンボールたち!

おおおー!!!!(吐血

サササッサササッ!!

そして、さすがに危ないとわかったのかおろされていくダンボールたち!

 

二度手間ッ!!圧倒的二度手間…ッ!!

 

サササッサササッ!!

しかし、やり直ししたにもかかわらず、また教えられた積みかたとちがうことをするダンディさん!
山積みのダンボールのうえにノシのついた缶ビール(数十本入り)の箱をポイッ!

 

\グラッ!!/

 

ここでストップに入りました…

僕がささえますので荷物を降ろしてください〜

はいっ!と元気にあいさつをし、荷物をおろすダンディさん

かるい荷物のうえに重いものを乗せちゃダメって教わりませんでした?

あっ…と言葉につまるダンディさん。

あと、缶ビールはワレモノなのでうえに置いちゃダメです

なんで言われた通りにやらねぇんだよ。このときの俺はそんな風に考え、態度にも出てしまっていたと思います。
ですが、ダンディさんから意外な返事が

 

なぜでしょうか?

 

 

はぁ?ww

 

なぜって、下の荷物がつぶれて荷物の山がくずれるからに決まってんだろうがww
ほんで、ワレモノをうえに置いちゃダメってのも落ちたら破損するから。ってちょっと考えればわかるだろww
この世には重力ってのがあるんだよww
ニュートンにあやまれww

一瞬そんなことが脳裏をよぎります。

待てよ?この気持ちどこかで…

 

 

 

 

クラッシュオブクランだ!

 

 

当たり前ですまさない。

低THの人たちを教育するにあたり、一番あたまを悩ませるクラクラの基礎中の基礎。
サイドカットと援軍処理。こちらを教えるとき『やり方だけ』を教えてしまうケースが非常におおい

古参プレイヤーの方たちにとってそれはリンゴが木から落ちるのは重力があるから。それは歴史的発見なのだ。というくらい当たり前のことだからです

でも新人さんはちがう。リンゴが落ちてもなぜ落ちるのかはわからない。そもそもリンゴが落ちるから何?それって大事なことなの?それくらい古参と新人さんには考えかたにおおきな違いがあるのです

なので『やり方だけ』ではなく『なぜ』。ここまで教えないと理解できない。頭にインプットされない

敵の村は中心部にこわすべき施設が密集しており、サイドカットをしないと左右にそれて危険。

防衛援軍というのは、大砲などよりも火力がケタ違いに高く。確実に処理をしないとあっというまに全滅させられてしまう。

これらを教えてはじめて教育とよべるのではないか?俺たちが当たり前ですませていたことの中にこそ、説明しなければならない大切なことが隠れているのではないか?
俺はそう考えました

人それぞれの価値

ダンディさんの教育を一からやり直しはじめたそんな折り、俺はある変化に気づきました。

うちの班のトイレがキレイになってきている

そういえば、あたらしい洗剤とブラシが増えている。会社がわざわざこんなものを?意外と気がきくじゃん。
そう思っていました

しかし早朝勤務が増え、アルバイトさんたちよりもはやく現場に出るようになった俺は、トイレがキレイになった本当の理由を知るのです

 

ダンディさんでした。

 

彼は始業の30分前に職場におとずれ、誰が頼むわけでもないトイレ掃除をゲッツしてくれていたのです

しかも、用品は自腹で。

※さすがにヤバイので対応しました。

このとき、ダンディさんはまだまだ班の足手まといでした。
ですが俺はダンディさんのことが大好きになり、絶対に他の班にわたしたくない。そう思うようになりました

方向性とちがっていても欲しい人

まほらまはガチ対戦クランです。基本的に対戦がつよい人がほしいです

しかし、対戦がよわくてもどうしてもクランにいてほしい!そう思わせる人材が居るのも確かなのです。例えば

 

援軍をひと一倍出してくれるひと。高いイン率をほこり、チャットを盛り上げてくれるひと。

 

ガチ対戦クランにおいてこれらは軽視されがちですが、俺はこういう人材は対戦がつよいひとと同じくらい重要視しています。

新人さんと古参とのかねあい

ダンディさんを大切な人材と認識した俺。
いい人材が入ると気分も上々です。
うちの班はもっとよくなるぞ!そう楽観的にかんがえていました

しかし、ある事件がおきてしまったのです。それは

 

ダンディさんとベテランさんとのいざこざ

 

ひびく怒鳴り声。なにごとかと思いコンベアをストップし、現場に急行

そこには、顔をまっかにしたベテランさんと青ざめたダンディさん。そして、グチャグチャに積み上げられた荷物がありました

話を聞くと、ベテランさんとダンディさんが同じトラックに荷物を積んでいたのですが、ダンディさんの仕事っぷりがダメすぎてもはや作業の邪魔に。荷物をさばき切れずグチャグチャになってしまった。
ということでした

コンベアに流れてくる荷物の量は一定ではなく、おおきさや重さもマチマチです。今回はたまたま『とてつもなく大量に、おおきくて重い荷物がきてしまった』それゆえのトラブルでした

しかし、ベテランさんからこんな不満が…

 

あっちゃんがダンディばかりにかまうから、最近休憩の段どりや配置があまい

 

ハッとさせられました。

アルバイトさんたちの休憩やトラックの配置は担当者である俺が決めています。
ダンディさんがくる前は休憩のタイミングも配置もほぼ決まっており、みなさんスムーズに動けていました

しかし、ダンディさんが来たことによりそのルーチンが崩壊。

ダンディさんには荷物がおおいタイミングで休憩にいってもらい、物量がすくない配置に率先していれてしまっていたのです。

不満がでないはずがなかった。

きっと、こういったダンディさんへの対応がヒイキしているように見えたこと、そして、いままでとはちがう働きにくい環境になってしまったこと。
これらの不満がバクハツし、今回のようないざこざを産む原因になったのでしょう

完全に俺の配慮不足でした。

教育の際に注意すべきは古参へのケア

クラクラにおいても新人さんのために

 

チャットを独占してしまったり、対戦で攻めやすい配置を率先してあたえてしまったりします。

 

それは仕方ないことなのですが、そのとき、いつも頑張ってくれているメンバーのこともきちんと頭に入れておくべきだと気づかされました。
そうしないと最悪、新人さんに矛先がむかうケースがあるからです。

この問題を解決するまでの道のり

俺の不注意によりトラブルを発生させてしまった我が班。

しかし、ダンディさんへの育成をおろそかにすることもできません。

では、どうするのか。クラクラの運営をヒントに解決のいとぐちを探すことにしました

分業のススメ

まず、できることから少しずつやることに。ダンディさんや仕事そのものに変化をあたえることは容易ではありません。なので

休憩のタイミングをベテランさんに任せることにしました

ダンディさんの休憩のタイミングだけは俺が決め、古参の方たちの休憩のタイミングはベテランさんを司令塔にし、まわしてもらうことに。
いますぐ可能で効果があるのはこれだとおもいました

 

クラクラでいう『対戦でみんなの攻める場所を決めるひと』のようなものです

 

クラクラはアプデにより、戦闘日になるまで相手の配置がわからなくなってしまいました。
ですが、いろいろな仕事をこなす俺は対戦の司令まで手がまわらないことがあります。
なのでよく、対戦の番号決めをメンバーにしてもらうことがあるのです

今回はそれを仕事に応用。

その分、ダンディさんの教育と配置決めに時間を割けるようになり、古参の方たちの休憩時間にもムラがでず、不満は多少なり解消されました

甘やかさず、しかしムリはさせず

休憩についての問題は解消したものの、ベテランさんの不満が完全になくなることはありませんでした

ダンディさんに楽なところばかりやらせるな!

そういう意見がきたのです。

ですが俺はその意見についてなにか対策をすることはありませんでした。やったことと言えば

 

ダンディさんはまだ身体が出来上がっていないからムリだ。だから、みんなチカラを貸してくれ!

 

その旨をベテランさんや古参メンバーたち一人一人にといていく。説得していく。それだけでした。君たちもはじめた当初はキツかっただろう。

70〜80キロはあるスロット台。そして身の丈をゆうに超える長さ、ひとの顔ふたつ分はある厚さの筒状ごんぶとマット。それらをさばいていくにはダンディさんはまだ早すぎる。へたをしたら身体を壊してしまう

新人さんをキツイ配置に無理矢理くみこむこと。それはクラクラに例えると

 

タウンホール上がりたての人に同タウンホールカンストを狙わせるようなものであり、無謀。ユニットやヒーローなどの火力面がしっかりと育ってからやらせるべき

 

そう思ったからです

ですが、よっぽど無茶ではないかぎり仕事はキッチリやってもらいます。手はかしません

そうしないと俺が手伝えないときに一番困るのがダンディさんだからです。

それでも出来ない新人さん

班の担当者としてできるかぎりのことを続けてきました。ですが、このダンディさん

 

正直この仕事にむいてない

 

他の仕事もしていらっしゃるようで、途中からあきらかにスタミナ切れを起こしている。ベテランさんたちを抑えるのも限界でした。このままではダンディさんがゲッツandリターンさせられてしまう!

かなりあせりました。ダンディさんがきてひと月あまり。俺の中ではダンディさんはもう立派な仲間。手放したくない。もうあのきたないトイレに戻るなんて考えられない

そこで、もう一度クラクラのなかにヒントがないか探しました。そこで俺はあることに気づいたのです

固定概念を捨ててみる

この仕事、女性のスタッフもおおく在籍しております。男のダンディさんもへばるハードな仕事なのに大丈夫なの?そう思った方もいるはずです

ダンディさんよりもダンディなマッチョレディがおおいのは確かです。しかし、実はこの仕事には女性限定の仕事があるのです

 

それは検品!

 

トラックにのせる荷物を、ハンディと呼ばれる機械でひとつずつ確かめていく作業のこと。チカラはほとんど使いません

本来ならば男性は荷物の積みこみ!女性は検品!という暗黙の了解があるのですが、俺はダンディさんに検品をさせることを決意しました

なぜそんなことをしたのか。それは、クラクラに例えると

 

いまはバルキリーが強いから絶対にナックルをしろ!!

 

これに近いと感じたからです

もしかしたら空軍のほうがそのひとに合っているかもしれないのに。とてつもないgowipeの才能を秘めているかもしれないのに。
させもしないで固定概念を押しつける。これはいけないのでは?
そう感じたからです

 

結果。彼はベテランさんをうならせるほどの人材へと成長しました

 

もともと、スピードだけはメチャクチャ早いダンディ。ふつうなら検品より積みこみが追いついてしまう場面があるのですが。俺の知るかぎりダンディさんは一度も積みこみをストップさせたことがありません。驚異的です

 

ダンディさんには検品の才能が誰よりもあったのです

 

どんな人にもユニークな所がある

ダンディさんについてすべての問題を解決した頃

あっちゃんさん、帰りにラーメンよりませんか?

俺とダンディさんはすごく仲良くなっていました。この方、政治からオタク文化まで知識が幅ひろく。話していていっこうに飽きないのです

そしてある日、いつものようにラーメンをご一緒しているとダンディさんから思わぬ素性を明かされました

実は私、ちいさい会社ながらも社長をしておりまして…

 

 

は?ww

 

大丈夫ですかダンディさん、検品の仕事もつらいですか?

本当です!っとあわてて返すダンディさん。そしてわたされた名刺。かなり特殊な技能が必要な会社の、たしかにトップの方でした

なんてこった…歳が倍ほどちがう青二才のいうことを、この人は社会的地位がありながらイヤな顔ひとつせず聞いていたというのか…クラン運営についてちょっと意見されただけで顔まっかにする某リーダーとは器の大きさがまったくちげぇ

ダンディさんの思い知らぬところで多大なショックをゲッツする俺

ん?そういえばなんで社長なのにアルバイトを?ダンディさんに聞いてみました。すると…

 

 

お恥ずかしながら、この歳で恋におちてしまいまして…

 

 

うっそだろオイwwマジかこのおっさんwww

聞けば、その想い人のためにかなりのお金がひつようだと。しかし、生活費を削るわけにはいかないと

ここで俺は思いました。あれ?恋?このひと妻子がいなかったっけ?大丈夫なんだろうか。相手はどんなひとなのだろうか。ダンディさんに続けてその旨を質問する俺

いくつになっても恋をするのはいい事だけど…金がかかるような恋…。イヤな予感しかしません…。ひとが良さそうなダンディさんです。変なオンナにだまさr…

 

 

 

HKT48の宮脇咲良ちゃんです

image

 

\コッ!/

※俺のハナにラーメンが入った音

 

 

もうね。ダンディ坂野より面白いよこのおっさんww

ダンディさのかけらもないよ。もはやダンディ坂野じゃなくて坂田だよ…アホの坂田だよ……

さいごに

このダンディさん、数日前にうちをやめてしまいました。

宮脇咲良ちゃんのためにアルバイトをしていたことが妻にバレてしまったと。

最後までわらいをゲッツしていく姿勢に感動せざるを得ない

ダンディさんはいなくなってしまいましたが、彼からおそわったさまざまなことは我が社にとってかけがえのない財産になりました

積みこみができない男性には検品をさせてみる。これが周知されたのです

 

ダンディさんという素晴らしい新人さんがひとつの組織を成長させたのです!すげぇぜダンディ!!

 

そして、俺自身。ひとを扱うものとしてワンランク上に成長できたような気がします!いい新人さんはいい刺激をあたえてくれる!

みなさんのクランにも、そしてリアルにも、自分を成長させてくれるような出会いがあるといいですね!
俺もまだまだいろんなひとと出会いたい!
そして、いろんな知識と

 

ブログのネタをゲッツしたい!(ゲス顏

 

以上!今日も実りある日になりますよう

関連記事

  1. クラクラ_バカにしたヤツ皆殺し