自分のブログを全否定する。他人の運営学なんてアテにしちゃいけない話

この記事は約2分21秒で読めます

おはようございます!

あっちゃん( @AcidmanTener)です!

筆者はブロガーとして一番気をつけていることがあります。それはタイトル詐欺にならないようにする

パッケージと中身がちがってたらイヤですもんね

小学生のころ、親に「デジモンが欲しい!」と頼みこみ、やっと買ってもらえたとおもったらぎゃおっぴとかいうデジモンとたまごっちを足して2で割ってそれを恐竜が踏みつぶしたみたいなゲームだったときのニガイ記憶がよみがえります

おもしろかったけどさ…

 

ーーーーー

さて、そんなタイトル詐欺ギライな筆者がここまで思いきったタイトルをつけたのにはワケがあります

 

それは、まほらまメンが運営してるクラロワチームのリーダーが悩んでいるから。

 

その子はいまリーダーとして「どうしたらチームをよくできるのか」を真剣にかんがえています

たどりついたのが他人の運営論のブログを読むことでした。地味にうれしい

クラロワのメールグループにURLを貼り「こっちはどうだろう。あっちはどうだろう。」と文字の海におぼれてます。で、筆者もそれらのブログを読んだんです

たしかに「あぁ、なるほどな。そういう考えもあるな。そういう運営法もあるな」とおもいました

ですが「これをそのままパクっても絶対上手くいかないな」という気持ちがほとんどでした

 

ーーーーー

他の業界でもあるんですが「この人の運営論は独特すぎて自分にはまったく役に立たない」というものがあります

でも、その人自身は成功している。なぜか

結局のところ、運営なんて「自分がどうしたいか」が一番大事だからです。ようは気持ちの問題です

たとえ間違った運営をしていても気持ちの炎さえ燃えていれば、自分なりに考え、いつのまにか軌道修正していたり、壁を乗りこえられたりできているもの

他人のブログを読むことで知識は増えます。リスク回避もできます

ですが、それをそのままパクっても、それが自分のしたいことでないかぎり絶対に上手くいきませんし、新しい壁にぶつかったときに弱くなります

 

ーーーーー

たとえば、まほらまはマッチング調整クランとして長年やっていき、成功をおさめました

ですが、当時マッチング調整はボロクソにけなされてました。雑魚狩りだなんだと。それでも自分はやり続けました。なぜか。マッチング調整の戦略性が好きだったからです

こんなゲームねぇよ。と

実力も課金も要らない。戦略のみで勝つ方法がある。ヤベェだろコレ。と

「マッチング調整が好きだ」

根本にその想いがあったから、ゴールできたんだと思います

もし、自分が周りの声を聞き「マッチング調整は好きだけどダメだ。イメージがわるい。ニッチすぎる。将来性がない」と切っていたら、クラクラ自体をとっくに辞めていたでしょう

 

ーーーーー

リーダーには

他人のブログを読み、見聞を広めるのはいいことだけど、自分がやりたいことだけは見失わないでほしい。周りの声はときに危険だ

と、強く強く想います

「チームを良くすること」よりも「自分がやりたいこと」。を…

結果的にそれがチームを良くする一番の近道だとおもいますので。まどわされず、自分の答えを探してください

 

ーーーーー

最近、クラクラのマッチングが崩壊してます

ぶっちゃけると、いま、クラクラが楽しくありません…

夜村だけが最後の希望でやり続けてますが、さてどうしたものか…

筆者がやりたいこと……

デ…デジモン?

※いまはもういいです

以上、今日も実りある日になりますよう

関連記事