第一回〜配置づくり講座〜の後語り

この記事は約2分56秒で読めます

おはようございます!

あっちゃん( @AcidmanTener)です!

年末に告知をし大反響となった『配置づくり講座』

聞いてない。こんなんなるとかあっちゃん聞いてない。きぶんは映画『君の名は。』の新海誠監督。キャッチーなもん詰めこんだよ詰めこんだけどさ…うれしくもあり恐ろしい。そんな感じです

ちなみに『配置づくり講座』大ヒット直後の筆者のブログは大爆死。新海誠監督には筆者のようにならないよう気をつけてほしいものです。美少女のくちはみ酒でタイムリープなんてそんな御都合主義にもほどがある展開はないのですから

さて、筆者の次回作は大ゴケしましたが肝心の『配置づくり講座』。こちらの中身はどうだったのか。今回はそんなエントリー

 

 配置づくり講座の後語り

得るもののあるイベントでした!

配置づくりというものは一般プレイヤーにとってハードルが高いと改めて思いましたね。とにかくムッズイ!

攻めであれば『安定して全壊が取れるようになる』というゴールがあるのですが。配置づくりは攻め手の腕に依存します。正解がなにかを判断するものさしがアイマイなんです。何十人というプレイヤーから何百回と攻めてもらってはじめて判断ができる

そんな激ムズコンテンツな配置づくりにも関わらず、講師である『しろねこ』様はたくさんのことを教えてくださいました。この配置が最強!という正解はなくとも最強に近づけるためのアレコレはあります

まとめます!えぇ、まとめますとも!

 

パッと触れてスッと入る!

それがブログの長所!!

 

できるだけやってみまっす

 

①まず壁を対地でつくる

言われてみればそうですよねコレ…。まずは壁!

攻め手と最初に接触するのがこの部分なのですから。サイドカットしてユニットを誘導したい攻め手と、ユニットをそらせたい守り手の戦い

相手が空軍で攻めてきた場合。壁をムシしてやってきます。だから壁は対地特化だけで組む

「当たり前じゃねぇか!!」と思われるかも知れませんが意外と気づきにくくないですかコレ。筆者はしろねこさんから言われるまでまっっったく気づきませんでした。オイ誰がおバカちゃんだコラ

理論を知ってきちんと理解する。大切なことですね

とにかくまずは壁を対地でつくるのが配置づくりの第一歩

 

②イーグル、インフェ、アチャクイを離して設置する

防衛における三種の神器。こいつらが生き残れば全壊まぬがれること間違いなし!

で、怖いのがフリーズとのこと。

そのフリーズで一気に攻略されてしまわないよう、三種の神器をそれぞれ別の場所に置こう!ってことですね

フリーズのみならず、呪文対策として配置を広めにつくるというのはインポータントですよね。定点火力が低くなるとクイヒーが止まらなくなるので、そこらへんは壁や他の防衛施設でカバーしていきたいところです

 

③ウィザードの塔は固めて配置

ただいま絶賛猛威をふるいまくってるエアバルーン。もともと高かった彼(?)の使用率はタウンホールの垣根をこえ限界突破。オーバーキル気味の火力に攻撃速度アップがあわさって最強に見える。ヘイストでスピードアップしてあげればあら不思議ぶっ壊れユニットの完成です

さて、そんな彼(?)。すぐにまとまっちゃいます。寂しがりやなんですかね?かわいいなぁ。そんな訳で範囲攻撃に激ヨワです。スパセルもそれを見越してのウィザードの塔の新レベル追加だったのでしょうね

しろねこさんはウィザードの塔を真ん中の区画にすべて固めた配置なども作成されてました。隣接するのは危険ですが区画に固める。というのは有効になりそうです

 

ツイキャスで生放送

配置づくり講座なんですが、試験的にツイキャスで生放送してみました

こちらはまずまず。ツイキャスというツールはあまり向いてないなと。きちんとした機材があればYouTube。もしくはカムコードなど『ゲームの画面を生放送できる』ツールの方がよかったかなぁと

生放送というこころみ自体は良かったです

善処します

 

今後の配置づくり講座

定期的に開きまっす!

次の講師は決まってます。まだ秘密(ハート

少しずつ環境をグレードアップしていきますんで今後ともよろしくお願いします

 

ブログ用。配布陣

しろねこさんから、ブログ用の配布陣をつくっていただきました

配置づくりに煮詰まっている方はご使用ください

 

◆TH10◆

IMG_3016

 

◆TH11◆

IMG_3015

 

それでは!

今日も実りある日になりますよう!

関連記事