無駄をなくせ!超多忙リーダーから学ぶクラン運営術|クラ牙狼|クラクラ

この記事は約4分54秒で読めます

ざっくりいうと

  • 結構忙しいんです
  • 時間がないから考える
  • 無駄をとにかくなくす

おすすめ

私の現状

また営業シリーズで書こうと思うのですが、
私は営業もするし自分でプレゼンもデモも行います。
デモンストレーションは自分の商談でなくても、
全案件対応しますので毎日、
飛行機か新幹線に乗って各地へ移動しています。
福岡に戻れるのは土曜日か日曜日か、、、
デモンストレーションも半日対応なども多く、
終わってからも現地の代理店と会食へ。
朝起きたら移動する。

という中で一日に一回マルチを攻められない事も多々あります。
チャットに出れるのも少しだけ。
こんな私でもクラン運営できていますから、
忙しいからクラン運営できない。
時間ないからできない。
なんて嘘です。

ほんと思うのは、「忙しいからリーダー出来ない」「時間無いからクラン作れない」

時間が出来たらクラン作ります。

マジでアホかなと私はいつも思います。
怖いだけですよね?
本気で頭使って考えてないだけですよね?
見学してたら見学だけで満足して終わりますよ。

時間がないなりの私の運営方法をご紹介します。
何かの参考になれば幸いです。

メンバーとの会話

忙しいとクラクラできる時間がないという事です。

この最大の問題は、
クランメンバーと会話する時間が取れない。
という事です。
また、クラン戦においても時間がなくて参加ができないと、リーダー自身のモチベーションにも関わります。

クランメンバーと会話できないことの弊害は、

今クランがどうなっているのかわからない

という事です。
これはチャットだと履歴も追えないし、
リアルタイム性を求められるという事です。
忙しい人にリアルタイムで対応しろというのは酷な話です。
後で時間が出来たときに一気読みして、
状況を把握できる仕組みが必要です。

だから、以前も書きましたが私はLobi(ロビ)を必須としています。

こちらの記事が分かり易い。adaさんの記事です。
もっと話がしたい!コミュニケーションアップにLobiをおすすめする10の理由

通知機能があるので、重要事項を把握するにはもってこいですし、後から会話の履歴を追う事ができます。

チャットには出られなくても後で読み返すことで十分にコミュニケーション可能です。

正直言うと、このLobiがあれば運営なんて簡単です。Lineでもいいし、ツイッターでもいい。
こういったツールを活用することは必須ではないでしょうか。使用しないメンバーが一人でもいるとダメです。

なぜ、全員必須ツールなのか

答えは簡単です。

リーダーがチャットを見ないといけなくなるからです。これだけで、この一人のメンバーの状況を把握できなくなりました。

ただ、優秀なサブリーダーが揃っていてリーダーの出る幕がないなら問題ないですけどね。
けれど、そのサブリーダーには「リアルタイムで管理する」という

管理業務

が発生します。
これが何を意味するか?

リーダーではなくサブリーダーが疲弊します。
サブリーダーには長く続けてもらわなければいけません。
であれば、サブリーダーをケアするのはもちろん、
リーダーもサブリーダーも疲弊する環境を作ってはいけないんです。
というか、私はそう考えました。

だから、Lobiを導入しない人は「辞めていいよ」とハッキリ言っています。

キックのルール

キックのルールも作りません。

これは管理業務です。
クラン戦で2回攻めない、★が取れていない。
報酬狙いしたなどなど、誰かが見ていないといけません。

これをやると、責任感の強い人間が全部被ることになります。
そして、結局はリーダーがある程度みないといけなくなります。

だから、「反応が悪い人」をLobiでキャッチします。自分が書いたものに対して反応があるか?
自分から発信をしているか?
報告連絡相談があるか?

うちの怖し屋バズさんがいい事書いてました。

【報連相:メンバーバズより】

新規で入った人が多いし、2回目の相談の意味がわかっていない人が多そうなので…

BBAクランでは、明確なルールはありません!
(それについては、リーダーのブログ参照)

ただし、連絡・報告・相談は率先してやってください。
「あのー、〇〇攻めていいでしょうか?」
っていうのをよく見かけますが、それは、連絡・報告・相談ではありません‼︎

「現在の状況で下が埋ってなく、下位の人も1回目攻めて無いようですが」 ←報告
「明日、時間をなかなか作れないので」←連絡
「〇〇を今夜中に行って良いですか?」←相談

もう少し付け加えるなら、その相談に回答する人を指名して回答者が、︎か×のどちらかで答えれるような質問の仕方であれば、尚Goodです(´・Д・)」

わからない事があれば、聞かなければいけませんが、何でもかんでも聞くのではなく、少し落ち着いて周りの状況確認し内容を明確にして質問を心掛ければ、リアルでも活かせる報告・連絡・相談ができます。

流石は怖し屋バズ!!
この揺さぶりで1人辞めました!

つまり、うちではこの報告連絡相談がLobiでできないと

感じられた人

は辞めることになります。
Lobiは全員に通知がいきます。
見れる時に誰かが気付けばこのように指摘が入ります。言いたいことを言える環境になっているので、
気になったことはガンガンあがります。

これが誰かに依存しない管理だと思いました。
負荷分散するためのルールを作るのではなく、
そうなるように仕組みを作る。

考えると、できる事はたくさんあります。

忙しい時のクラン戦

これは私の個人的なモチベーションですが、
忙しくてもクラン戦には出たいのです。
ただ、戦況が見れないのでどこを攻めればいいかわからないことが多い。
クラクラ起動できないので、
ユニット編成を柔軟に行う事ができません。
マルチで練習することも難しい。

なので、

マルチとクラン戦の編成を同じで攻めてきました。

マルチの編成のままクラン戦に参加できる!

これまでの編成は

・ジャイヒーホグ
・ラヴァバルガゴ

です。
今はラヴァルガゴでマルチもクラン戦も対応しています。マルチで攻める感覚で攻められますし、ユニット変更も必要ない。
必要なのは、どこを攻めるのか?
だけの把握になります。

このように工夫はいくらでもできる。
今回紹介したのは一部ですが、

なぜそうしているのか?

には必ず私の場合は理由があります。
他がやっているから、
といって安直にクラン運営していませんか?
それは、すごくダサい事です。
頭を使ってないってことです。
忙しいから時間が取れない。

ではなく、時間を取らなくてもできるようにすればいいんです。

目標と現実のギャップを理解し、
問題解決の思考に入ります。
ほとんどの人は「なぜ出来ないのか?」
という事を考えますが、それではだめです。

どうすればできるのか?

という思考に変換すべきです。

時間がなくても人は増えるし、
クラン運営はできます。
考える。とにかく考える事。

それなしで、「できない」なんて口にするもんじゃありません。
とにかく無駄を省く事。
実は無駄とは一概に言えないことも当然あります。
がクラン運営もこの一言に尽きます。

戦略とは簡単に言うと【諦める勇気を持つこと】|クラ牙狼|クラクラ

是非読んでみてください。

メンバー茶漬けブログは下記画像をクリック

キャプチャ

BBARush募集要項は下記画像をクリック

Loomy-01

みずみず

みず

クランBBARushリーダー
年齢:31
性別:男
福岡在住、妻、子供3人(7歳長女、4歳長男、0歳二男)
根っからの営業マンです!

個人ブログはこちら
http://clashofclans-mizu.hatenablog.jp/

著者の最新記事

関連記事