戦え!営業!ある日、上司が部下になった。|ばかごろ|クラクラ

この記事は約4分42秒で読めます

クラクラ_バカにしたヤツ皆殺し

ざっくりいうと

  • 年上ばかり集まる
  • 扱いづれーーー
  • ポンコツ部下

おすすめ

改めて思う人間性

書きたい事や言いたい事はたくさんある。
ただ、人に言っても伝わらないことやお節介になることも多い。

言わなきゃよかった。

と後悔することも少ないわけではない。
しかし、そういう人間がいてもいいんじゃないだろうか。
近づき辛くても怖いと思われても、
ここぞ!の時に言わないといけない人間は必要なのだ。
ここぞ!の時にかばってやれる、
伝わらなくても、
嫌われても、叱ってやれる人間は必要なのだ。

勘違いかもしれない。

けれど、100人のそういった、ここぞ!の時に立会い、
1人でも真意が伝わればいい。その人は必ず成長する。

私はそんな人間になりたい。

そんなお節介で迷惑で鬱陶しい存在で構わない。
いつでもギラギラしたものは持っていたい。

年上の部下、メンバー

気付けば、仕事でもクラクラでも年上の部下やメンバーに囲まれていた。
いい事なのか?悪い事なのか?両面あるのだと思う。

一つの面を見れば年上の温かい方々に
「こいつを伸ばしてやらなければ、こいつを引っ張り上げてやりたい。」
と思ってもらっているのだと思う。

先日のクランオフ会で、ぢんちゃんもチンちゃんも40歳を越えているのだ。
バズやんも。ホトさんも。その他、若いメンバーもいるが、
やはり年上のメンバーに支えられている。
これはとても有難いことだ。
私の至らない点を鋭く尖った点を見事に包んでくれる。
そして、時には昔を思い出し自ら踏み込んでゆく。

そんなものを見ていると、私も大人にならねば。
と思ったりもする。
が、私はまだ私を主張するのだ。
31歳になって「結果」を出す時期になった。
猛烈な勢いで働いている。

50歳を越えた年上の部下ができた。

西日本を統括していた人間だ。
鳴り物入りで登場したが、1年経たずして事実上の降格となった。
そんなわけで、私の担当エリアは一気に広がった。
アテにしていた戦力がナマクラだったことでシワ寄せが来た。
が、これはチャンスだと思った。

もともと私は、九州・四国地区の担当であったがデモンストレーション、
プレゼンテーションは全案件担当し、仕様書などの対応は一人で行っていた。
そのため、自分のエリアに集中できず、新人の部下を育成しながら切り盛りしていた。

が、そこに近畿・東海・中国エリアまで担当になった。

移動する時間がない。
訪問できない。
メールと電話では限界だ。

常務から、
すまん。お前に頼むしかない。
無理は承知で耐えてくれ。

これを言われて受けて立つのが漢だろうよ。

妻に連絡し、状況を説明した。
今以上に家に帰れなくなる。
ただ、自分が上に登るためにこれはどうしても必要だ。
納得してくれた。

土日にクラクラをするのは楽しみだ。
チャットにもなかなか出れない。
だから、やはりロビの通知機能でポイントだけを抑えるしかない。

メンバーにはとてもとても支えてもらっている。
が!!!★は俺は取れん!

クラン戦予約枠に

1.みず(固定)★0 or 3

と書かれていた。
イジメだと思った。

さて、訪問できないとなれば人を動かすしかない。
部下で足らないところは上司をガンガン使う。
部長も常務も使う。
レールを敷いて、

こう踊ってくれ。

と依頼する。
このマネジメントを学べる状況は有難い。
そんなチャンスを早々に与えてくれた年上の部下には感謝する。

年上の失態

失態も何もしていない。
そう、何もできないのだ。
報告内容を読んでいてどうしても腑に落ちない。

自分の言葉で語られていない。

そう。
直接の話であれ、ブログの文章、クラクラのチャットであれ、
自分の言葉で語られていないものは鼻に付く。
意志の弱さを感じる。
だが、皆が皆できなければいけないわけじゃない。

おい、あんたは営業だろ。
言葉で食ってるんだろうが。
そこに想いを込めろよ。

と言いたい。
私もはじめは擁護した。
時間を使ってフォローし、手を差し伸べた。
が、彼には一切届かなかった。

だから、申し訳ないが仕事を全部奪った。
彼に1.000万を超える給与を与えるわけにはいかない。
他の社員は納得しない。
それだったら、若手に回してやりたい。

明日のデモには私が行けない。
だから、彼には事前に情報収集し顧客の問題点をまとめ、
誰がやっても刺さるデモができるよう用意を依頼した。

が、彼は2週間あったにも関わらず顧客訪問すらしなかった。
こいつは営業じゃない。と確信した。
また、社長を呼び出し代理店へ連れて行った。

代理店は優秀だった。
今後のうちのビジョンを教えてくれ。

社長は熱く語った。

私以上に想いのある人だ。
同志を増やしたいのだ。
一緒にやれる仲間を。

が、その懇親会で彼は寝た。

それほど酒も飲んでいない。
自分が用意した場で寝た。

私もオフ会で2度寝ゲロしたが。。。

社長の信頼は失った。
私はもう一切擁護できなかった。

そんな中、彼から21時に私に電話がかかってきた。

今の案件の〇〇に〇〇という代理店から
「一緒にできないか?」と相談が来ているんだけど。

私はブチ切れた。

【みず】
ねぇ、〇〇案件は俺が直接やってるの知ってますよね?
今の既存メーカーはサポート打切りして、
不安担ってメーカー直接話が聞きたいと言ってきた顧客ですよね?
そこになんで代理店の出る幕があるの?
ねぇ、教えてくださいよ。
もう受注手前まで来てるんですよ。
訪問報告読んだらわかるんじゃないの?
じゃあ、その代理店と組んで1%でも受注確度が上がるんなら俺もその話のみますよ。
どうなの?

【部下】
いや、それは、、、

【みず】
おい、なめてんのか?
何にもしない代理店にマージンだけやるのか!?
俺はそういうの一番嫌いなんだよ。
あんたは浅はかなんだよ。
代理店に「俺が話してやる。」
くらいの事をあんた言ったんだろ?
俺に電話するなら受注確度上がる話を持ってこいよ。
代理店は何をしてくれるんだ?
説明しろ!!!

【部下】
ごめん。聞いてない。

【みず】
だったら、今すぐ聞け!!
というか最初の電話で聞け。
あんたはフィルターにもならんのか?
俺への伝書鳩なんか?
あんた、自分の評価知ってるか?
俺ももう守れないぜ??
年上の人にこんなこと言いたかないよ。
社長にどう挽回するのか話をした方がいいよ。
じゃ。

という感じ。
プライドだけ高く、動きがともなわないんです。
そして、デリカシーがない。
私が命を燃やして取り組んでいる案件に訳のわからない代理店をかませろ?

だったら自分の首持ってこい。
その覚悟なら受けてやるよ。

絶対にこんな人間になりたくない。
若いメンバーにもこうならない為にも今できることを全力で努力して欲しい。

書きなぐり編、終了!!
飛行機で寝ようと思ったけど、ボルテージ上がって書くのに1時間かけてしまった!!

メンバー茶漬けブログは下記画像をクリック

キャプチャ

BBARush募集要項は下記画像をクリック

Loomy-01

みずみず

みず

クランBBARushリーダー
年齢:31
性別:男
福岡在住、妻、子供3人(7歳長女、4歳長男、0歳二男)
根っからの営業マンです!

個人ブログはこちら
http://clashofclans-mizu.hatenablog.jp/

著者の最新記事

関連記事

  1. クラクラ_バカにしたヤツ皆殺し