師弟の絆 大事な人を裏切ってしまったら|バカ◯し|クラクラ外伝

この記事は約2分0秒で読めます

前回の記事【大切なものを踏みにじられたら】の続きですが、私肝入りの商談で顧客の信頼を裏切り踏み砕いた代理店。

その結果、コンペティターを呼ばれ価格競争になりました。これはもう代理店の問題です。そして、最終は理事との面談にもつれ込む事に。こっちとしてはトップを一発で抑えられるポイントですから、これは貰ったと思うわけです。

が、朝に電話があって

クロロ
「今日になりました。」

 

マジで殴ろうかと思いました。
沖縄行きの飛行機へ登場する数分前の話です。もう私は行けない。負けを覚悟しました。私が行けない日をあげたにも関わらずそこに設定するバカさ加減。自分たちだけで何とかなるなら勝手にしろと言いたいですが、負けが分かって手を出せないこの切なさは拭いきれない。上司へ連絡しました。上司は東京にいました。

 

「俺が行ってやる」

 

東京から宮崎へすぐに飛んでくれました。体調も悪いし沖縄へついて車を運転しててもフラフラする。

上司からメッセージか

「東京にiPhone忘れた」

いやいやいやいや、今はどーでもええがな。しかも昨夜べろんべろんになって紛失。師弟はそんなもんかヽ(´□`。)ノ・゚

でも、続けてメッセージが

 

 

 

「安心しろ。決めてくる。」

 

 

 

なんだろう。
ジーンと来ました。
グッと来ました。

師匠、お願いします。
この人は私の営業の師匠なんです。
涙がじわっと出る。

でも、終わりでは無かったんです。

19時になって代理店から電話が

代理店
「みずさん、上司から怒られたらごめんなさい。」


「え?どういう事です?」

代理店
「私が社長に御社が一緒に訪問する事を話せてなくて、一緒に来るなという話になったんです。」

私はポカーンとしました。
事態が分からない。
代理店の社長が行く事を私は知っていて、事前面談まで取り付けて、上司を託したんです。

代理店
「そこで上司さんとうちの社長でバトルになってしまって。」「結果は一緒に行って上手くいったんですが。」


「そうですか。もういいです。」

電話を切り思ったのは、

師匠を裏切った

という気持ち
私の想いを汲んでくれた師匠。無理して移動した先で「話を聞いてない。帰れ。」と言われ、社長と言い合いになって顧客先に行き、宣言通り決めてくれた師匠。

本当にごめんなさい。
嫌な気分だったでしょう。
腹も立ったでしょう。

すぐに師匠へ電話しました。


「申し訳ありません。これは私のミスです。本当に申し訳ない。気持ちを裏切る形になってしまった。」

上司
「お前も知らなかったんだろ?お前がそんな適当な事するわけない事くらいわかっとるわ。俺の弟子が死に物狂いでやってる商談だ。俺が舐められるわけにはいかんだろ?先に福岡で待ってるから着いたら来いよ。」

「一杯やろう。」

これから行ってきます。
12月2日22時
クランメンバーのみんな、私のみんなへの気持ちも同じですよ。





みずみず

みず

クランBBARushリーダー
年齢:31
性別:男
福岡在住、妻、子供3人(7歳長女、4歳長男、0歳二男)
根っからの営業マンです!

個人ブログはこちら
http://clashofclans-mizu.hatenablog.jp/

著者の最新記事

関連記事