大クランへの入り方 | 操練所 | クラクラ

この記事は約2分17秒で読めます

A5

ざっくりいうと

  • 評価って大事
  • 熱量って大事
  • 熱量の示し方が評価に直結

おすすめ

お疲れいーす。夏太ろいーす。

先日娘に「これ作ってちょうだい」と言われて、厚紙を手渡されました。雑誌の付録みたいなやつです。
切ったり、やまおり、たにおり、したりするやつ。

5歳児ではキレイ作るのは難しい。そこでパパに依頼がくるわけです。

作成中、私の手元の一生懸命見る娘。普段は騒がしいくせに、その時だけはだまってジッと見ている。
そして完成したら「ありがとう!」と元気よく言ってくれる。

世のお父さん方、使えますよこれ。10分の付録作成で1日ご機嫌でいてくれます。そしてちょっと尊敬される。
パパの威厳維持にもってこいです。

ストレス社会を泳ぎきる上で、娘からの評価は重要です。
今回もストレス社会の羅針盤を読んでくれてありがとうございます。

検索の始まり

私はブログを書いています。その目的のひとつに人集めというのがあります。
アメブロで書き始めたのが今年の2月で、何人かブログを見てきましたって人もいました。
やっぱブログみて来てくれるってうれしいですよね。

そんな私が初めてクラクラの戦術をネットで検索したのがTH6の時

クラン対戦に出始めて、どうしても星がとれない。
その状況を打破したくて、よくwikiのページを見ていました。

wikiではサイドカットとかホグラッシュとか村の育て方とか、色々なことを学びました。

昼休みにちょこっとみて、次はこの施設着工を目標にしようって思ったり、
早くこのユニット使えるようになりたいなって思ったり。

TH8くらいまではそのページしか見てなくて、動画を見ようっていう発想すらなかったですね。
おそらく多くの人は私と同じように、うまくなりたいという想いから検索を始めるのではないでしょうか。

そこから好みのブログ・動画を見つける。どんどんスキルを吸収していく。新戦術の情報も早い。

クラクラへの熱量

や、何が言いたいかって。

そこまでしない人も一杯いると思うんですよ。というかそこまでしない人の方が多いんじゃないですかね。

クラクラはたかがゲームで。
そこには自己満足さえあればよくて。
別にうまくならないでもよくて。
村が育たなくてもよくて。
なんとなくクランに入って。
アプデなんか無関心だし、戦術?何それ?おいしいの?みたいな
そうゆう人をいれない為の承認制だったり、プロフィール画面だったり、だと思うんですね。

だからクランに入ろうとする人はそうゆう人ではないことを示す必要があって、
そのためにはやっぱり定型文の申請ではダメだし、
何が得意なのかアピールした方がいいと思います。

同時に、承認を受け入れる側っていうのはプロフィール画面をじっくり吟味しないといけなくて、
ユニットのレベルを見るだけではダメだし、
対戦の星の数とかゴールドごろごろとかでその人のクラクラ熱を推し測ることも必要だと思います。

ただ現在20人程度の舜之城は「ブログ見ました」を入れてくれればほぼフリーパスです(TH7以上)。

どうぞよろしくお願いします。

夏太郎 ( クラクラ操練所 )
クラン「舜之城」のリーダー。
ブログ「クラクラ操練所」を更新中です。
Twitter( @clacla_sorenjo )

夏太郎

夏太郎

クラクラ歴2年、現在TH10。
勝率8割程度、メンバー25名程度というよくありそうな中小クラン
「舜之城」のもがく様を皆様にお届けできれば、と思っています。
こっちでもブログやってます→http://ameblo.jp/natsu--taro/ 

著者の最新記事

関連記事

  1. core_03
  2. R11
  3. R7
  4. R10
  5. K1-3