全壊安定がグッと近づく、TH9ボーラー三通りの使い方

この記事は約2分45秒で読めます

どうも、ロマです( ΦωΦ)

最近、とにかくボーラーが強い。

5月のアプデで枠数が減り、初弾の動作が格段に早くなったボーラーが各THで猛威を奮っています。

恐らく、ここまでボーラーが注目されている理由は、
なんともかゆい所に手が届くユニット”だからだと思うわけ、うん。

どゆことか( ΦωΦ)

今まで遠距離攻撃の地上ユニットといえばもっぱらウィズ。
しかしこのウィズ、射程は短いし、スグ死ぬ。ATなんかにタゲられたら秒速でお陀仏。

その為、ゴーレムという盾役と組み合わせてサイドカットを行わねばならなかったのです。

しかし( ΦωΦ)

ボーラーというのは、簡単にいえばちょっとHPが多めで、最終射程ちょっと長めの遠距離攻撃ユニットです。

キモはHPが多い所、でね。

これによってウィズではありえなかった、”ボウヒーでのサイドカット”が可能になったわけ。

最終射程も長いため、これは使える。痒い所に手が届く!うっはああ!とな。

元々ゴレなんて盾ユニットなんです。攻撃面では屁の役にしかたちません。
そしたら、同じ盾役するなら、攻撃も出来る盾のが良いに決まってるじゃない。

ってことで、ボウラーで外周!ヒーラーつけて外周!ボウヒーいいい!!!!が一目脚光を浴びているんだと思うの、たぶん。

さて。

ここまでボウヒーを押しましたが、今回は上記したボウヒーに限らず、TH9のボウラーの使い方を3つ紹介。

ほら、TH9だとさ、自分でボウラーを生産出来ないため、中々使い方がわからないじゃん( ФωФ)

1.ボウヒー(援軍ボウラー+ヒーラー)

上記でも述べ、いろんな動画などで紹介され、一番注目されている使い方ですね。

一番メジャーなのは、片面をクイヒーでカット、反対面をボウヒーでカット、
中心からヴァルキリーを突っ込ませるやり方でしょうか。

これはもうよく知ってる人も多いと思うので割愛。念のため動画だけ以下に。もっと知りたきゃYou tubeへGo。

ぶっちゃけこの動画、サイドカットが疎かになってヴァルが流れるとてつもない失敗攻めなのですが、それでも全壊が取れます。

注目すべきは援軍ボウラーの破壊した施設量。

ボウヒー

こんだけ壊してくれたらそらぁ全壊も取れるわ。うはぁ

2.ヴァルキリー後追いボウラー

本隊と一緒に中心に突っ込ませるやり方です。
まずは動画を。

中心に入ったボウラーが”ど真ん中から壁越しに幅広く施設を破壊している”のがわかると思います。

高レベルの壁相手だと、中心に入れたヴァルキリーが終盤、壁にもたつきHPを削られがちですが…

ボウラーを一緒に中心にいれてやると、
ヴァルキリーが中心で呪文やヒーラーの回復を受けている間に、終盤とっかかる壁越し施設を先に削ってくれます。

ヴァルボウ

これもボウラーの非常に良い使い方。フレチャレなどで一度気軽にやってみるといいかも。

驚くほど簡単に全壊が取れるはずです。

3.ゴレホグ+ボウラー

正直、一番のオススメはこれ( ΦωΦ)マジ強い

ゴレ3ゴレホグにボウラーを足してやるイメージです。

ゴレパートにボウラーを足してやると、キルスクワッドで進める範囲が格段に増えます。もうダンチ。

是非、動画をもう一度見てみて下さい。
呪文はとにかくゴレパートに当て、爆弾のありそうな区画を周辺破壊しながら全て走破しているのが分かるかと。

ごれぼら

あとはバネに気をつけながらホグをちょいちょいと展開すればOK( ΦωΦ)あら全壊

これね、ヴァルキリじゃ中々こうは行かないんですよね。
ゴレ追い抜かしてさっさと進んでタゲ取られて、途中で自滅するの、あいつら。

すると、消えたヴァルに変わってホグが防衛施設にタゲられるわ、壁越しの破壊が基本ないから、ホグの移動ルートが多くなってバネにかかるわ消耗するわ…と悪循環。

ゴレを追い越さない進行速度、かつ広い攻撃範囲、ってのがこの戦術のキモであり、相性の良いポイントです。
是非お試しあれ。

まとめ

私の知る限りYou Tube等の多くのボウラー紹介では”ボウヒーが強い!”と解説している動画が多いですが、
外周を歩かせるだけではなく、むしろ配置によっては”中心に食い込ませるボウラー”のが有効だったりします。

ということで、TH9でも有効にボウラー使っちゃおうぜ!!!(「ФωФ)「うっひゃあお!!

RomanesqueRomanesque

Romanesque

ネコふんじゃったのリーダー。
『クラクラ界の顔文字野郎』という称号だけは絶対に譲りたくない。

それ以外はわりとどうでもいい。

クランブログ 『駆け出しリーダーの奮闘記』も(「ФωФ)「ヨロマネスク
http://kakedashileader.blog.fc2.com

著者の最新記事

関連記事

  1. クラクラ懐疑目録