人気ブロガーの秘訣。絶対に上がるブログアクセス。このサイトで勉強してみては?|クラ牙狼|クラクラ

この記事は約4分22秒で読めます





前回も書きましたが、これまでのクリプロ枠

1.クラクラ牙狼剣を押し込め!!【みず】

は継続しますが、

2.バカにしたヤツ皆〇し【みず】

こちらをブログ化します。
もともと私はブログ移籍組です。
自分のブログを畳んでこちらに来ていますので、例えば

クラン日記とか

全く集客が望めない記事を書いたり、自分の事をつらつら書いたりしたいなと思います。
隅っこにクリプロと関係ない自由コーナーを作ってもらいます。

さて、少し毒を出してさらっと書きましたが、

1.クラン日記
2.自伝
3.メンバー紹介
4.難しくてわからない

残念ながらこういった類の記事は集客は望めないのです。
頑張って書いてるのは重々承知なんですが。

はっきり言っちゃうと、、、

他人からしたら「どーでもいい」からです。
辛辣だ、、、こういった辛辣さよくない。
嫌われたくないけど、、、本当の事だ!!

では、具体的に私の記事で言うと、

一番集客した記事はコレ

学生お断りクラン こんだけ有能でも断るの?|クラ牙狼|クラクラ
みずのクラクラでも牙狼剣を押し込め | みず – 222,930PV / 公開7日

逆に集客の無い記事は

みずって人は本当にクラクラやってんのか?

題名を比べて第一印象どうでしょうか?

私なら、後者はどうでもいいと思いますね。
そんなん知らんがな!!
って思いません?

じゃあ書くなよ。

って思われるでしょうが、
私の場合は読まれないと思っていても書く記事があります。

モチベーション維持のためです。

書き殴りたい時ってあるんですよ。
でも残念ながらこういった記事はほとんど読まれません。

ほとんどが、他人にとってどうでもいいんですよね。
友人のいない知らないクランのことにそこまで興味が出る事って少なくないでしょうか。

「パブリック」と「プライベート」

そう。
読まれるためにはこれを意識する必要があります。

上記であげた4項目はプライベートにあたります。
クランメンバーに向けて書いた記事もそうですね。

私が自分のモチベーションのために書いている記事もこのプライベート記事にあたります。これを読むのは数少ない私を好きでいてくれるニッチな方。つまりリピーター層です。あと、こういった記事にはもう一つの意味があります。

ブランディングです。

私のイメージはどうでしょうか?

【熱】

この一点に絞って一貫して書いています。
みずって人はこういう人だな。
って刷り込んでいく。

これはこれで大事。

刷り込んだ後に意外な一面を見せると、それは素敵なギャップとして映ります。

クリプロを開始した時に私も意識し過ぎてかなりプリベートに偏った記事を書いていました。
それは

「私という人間を知って欲しかった。」

からです。

でもこれだけじゃいかんのです。
好きになってくれる人は限りがあります。
好きになってくれる人が更に増える努力をしないといけません。

好きになってくれる絶対数は少ないので、そもそも新規の流入が見込めない。
新規が増えないという事は、プライベート記事ばかりが膨らんでいて、
狭い世界の人間に繰り返しPRしているだけという事になります。

これでメンバー増えると思いますか?
これでアクセスが増えると思いますか?

一定値を超えないんですね。。。

例えば、それもクリプロで書けば新規を意識しなくてもある程度来ます。
だって、他のメンバーが集客した人もブログを見てくれるわけですからね。
そういう視点を知らないとただ、書き続けるだけになってしまう。
それもプライベート記事をひたすら書きまくる。
頑張ってるのにもったいない。

私はクリプロに入ってより「パブリック」を意識するようになりました。
それは、クロロさんがいるからですね。
怖いからですね~。

パブリックとは「公的とか、公共とか」

まあ噛み砕くと「誰にでも」ってイメージです。

「パブリック」を意識すれば「プライベート」の使い方が分かってきます。

そして、ブログを読むときこんな事考えてません?

「そうか~〇〇さんとこ頑張ってるな~」

これは身内贔屓なんですよ。
これは評価ではなく贔屓なんです。

だから正当な評価にはなっていない。
そうなってません?
読むブログは固定されていて。

クリプロで私がやりたくないのはこれです。

身内で称えるのは良い。大切です。
だけど、気を抜いたらやられるという緊張感。
もっと良いもん書いてやるという気概。

これを忘れたらいけませんが、正しい努力をしなければいけません。
アクセスは伸びません。
私も個人でブログを書いているときはプライベート記事ばっかり書いてましたw

身内贔屓に絶対的に欠けているのは【客観性】

パブリック記事を書くためにはこの【客観性】が必要です。

人が知りたい事は何だろう。
困っている事は何だろう。
リーダーが困っている事はなんだろう。
メンバーが困っている事はなんだろう。
攻める方法や守る方法

これらがクラクラで言うとパブリック的な記事になります。

パブリックな記事を書いてるつもりでも知らず知らずにプライベート記事になっていませんか?
それは、プライベート記事が書きやすいからです。
パブリック記事は難しいんです。
プライベート記事は

周りの事なんて知らない!
書きたいように書く!

で良いので、誰にでも書けるんです。
だから、パブリック記事は練習して練習して書いていかないといけません。
難しいんです。

一生懸命に書いているのにアクセスが伸びない、、、
ジレンマはここですね。

パブリックに書いているつもりでもパブリックになっていない。
これを乗り越えるのが実に難しい。
そして、どこまでいったら乗り越えられたのか?
それもわかりません。

だから、ひとつの記事を大切に考えて書く。
記事を書く前に本当にそれは他人が必要としている記事なのか?

傾向は仮にこんなところを見て勉強できないでしょうか?

12471105_909744845783970_30896730_o

これは、ダチヒロさんの運営されているクラクラブログアンテナサイトです。

PCで見れば各記事を投稿したブログサイト名が分かりますが、iPhoneやスマホでは件名のみ表示されています。クラクラのブログはiPhoneやスマホで参照されることの方が多いでしょうから、大事なのは【内容と件名】です。

そして、件名の上に表示されている「バー」は恐らくアンテナサイトから参照されている数字だと思います。となれば、どのような件名が良く参照されているのか仮の勉強にはなります。ブログサイト名が載っていれば「有名ブロガーだ!!」と飛びつく事になったりしますから、参考になるのではないでしょうか。

私も一つ一つ記事を書くのは怖いです。
ただ、それがいいな~と感じる今日この頃です。
頑張ろう!!





みずみず

みず

クランBBARushリーダー
年齢:31
性別:男
福岡在住、妻、子供3人(7歳長女、4歳長男、0歳二男)
根っからの営業マンです!

個人ブログはこちら
http://clashofclans-mizu.hatenablog.jp/

著者の最新記事

関連記事