レジェンド ~ 伝説への道─2ツブ

この記事は約2分30秒で読めます

ざっくりいうと

  • 伝説!
  • とろ~り
  • 王様

おすすめ

どうも!

天愚です!

相変わらずネタがありません。

助けてほしい……。

しょうがないので1ヶ月前の話でもしますか。

 

伝説となった男

2015年12月27日午前2時55分

その瞬間は今でも鮮明に覚えている。

クラン「LinkJP-Arcadia」の名に新たな歴史が刻まれた。

 

レジェンド

 

すなわち伝説の誕生である。

 

Screenshot_2015-12-27-02-55-10~2

※思わずスクショしました

リーダーのクロロさんがレジェンドリーグに到達しました!!

おめでとう!!

 

ふたつの伝説

そのとき、もうひとつの伝説が誕生していた。

 

──時はクロロさんのレジェンドリーグ到達直前までさかのぼる。

クロロさんほどの高トロ帯になると索敵にも時間がかかるらしい。

チャットをしながらその瞬間を待つ。

Screenshot_2015-12-27-02-48-43~2

レジェンドまであとトロ1

勝てば必ずレジェンド!

何かを察知したのか、深夜にもかかわらずチャットに集まるクラメン。

確かな期待感。

お腹をすかせた僕。

 

いや、お腹すかせてる場合じゃなかったんだけど

成長期だし、とにかくお腹へるよね

 

そんな、チャットしつつも若干手持ちぶさたになった僕の目にこいつが……

Screenshot_2016-01-28-14-57-16~2

 

そう

クラクラの2015年のクリスマスツリー。

 

の下のとこ!

 

チーズみたいじゃない?

とろ~りしてない?

 

お腹をすかせた僕は当然

 

 

あぁ~~

とろ~り3種のチーズ牛丼

食べてぇ~~

 

となったわけですよ。

自然の摂理ですよ。

というわけで僕は草木も眠る丑三つ刻にすき家へ向かったのだ!

 

──この時、僕はすでにある決意をしていた。

 

王の資格

すき家へ着いた僕は……

意を決して……

 

天愚
チーズ牛丼のキングサイズください!

 

……皆さんはご存知だろうか

すき家にはメガサイズのさらに上

キングサイズが存在することに!

知らない方がいても無理はない。

その存在は世間に秘匿され、表舞台に出てくることはほとんどないからだ。

 

裏の世界で生きてきた僕も、実際に頼んだことはなかった。

注文を聞いた途端、にこやかだった店員の顔から表情が消える。

目で「本当にいいのか」と訊いてきた。

僕はゆっくりと頷いた。

 

キングサイズを頼むということはそういうことなのだ。

この時、そばに誰かいたならば僕を止めただろう。

そして気は確かかと問いただしたはずだ。

量はメガの2倍 時刻は夜中の2時台

 

命を懸けることになる。

 

それでも僕の気は変わらない。

なぜなら、彼を知っているから。

伝説をめざす男の背中を知っているからだ。

 

無謀者と謗られたが、この話をしてからは涙を流すものさえいた。

クロロさんのおかげで僕は絶対的決意と意志を手に入れた。

それを持つものだけが王への挑戦を許される。

 

死闘の果てに

ドーーーン

IMG_-q0dtqe

見てこれ!

このボリューム!

食べても食べても減らない!

クロロ
お待たせ
天愚
ん?(モグモグ)
天愚
あ(モグモグ)レジェンドか(モグモグ)おめでとう(モグモグ)

こっちは食べても食べても減らないからそれどころじゃなかったのでした。

 

結局1時間ほどかかって完食しました。

クロロさんと一緒に伝説になれてよかったです!

七天愚七天愚

七天愚

天愚
わちゃわちゃやる予定の人

著者の最新記事

関連記事