シン・ゴジラから学ぶ組織の欠点。(ネタバレ注意)

この記事は約4分52秒で読めます

wef

おはようございます!あっちゃん( @AcidmanTener)です!

エヴァンゲリオンの監督で有名な庵野秀明さんの最新作。シン・ゴジラを見てきましたー!
恐怖で手汗ビッショビショ。シュールなギャグと絶望のサンドウィッチ。館内にもれる女性の悲鳴。
な…なんやねんこれぇ!!
劇場にいってよかった!心からそう思える作品でした。

さてこのシン・ゴジラ。
人類サイドは常に後手後手。ゴジラ相手に後っっっっ手後手。ワンサイドゲーム。

ゴジラ登場。
→まんまと東京へ上陸。

ガトリング。ミサイル。榴弾。
→ノーダメージ。

アメリカの空爆でやっとこさ流血。
→よっしゃ!現代兵器が効く!倒せる!

そうおもった矢先。
→すべてを焼きはらう熱線。

ゲェェェームセッッ!ゴジラの勝ち!!

ビル?大地?空?関係ねぇ。
すべてが火の海。あかく燃ゆる東京。
そこにいるのはゴジラだけ。

恐ろしくもあり美しい。まさしく神。

シン・ゴジラは『新・ゴジラ』であり『神・ゴジラ』でもある…
そういわれている理由がわかった瞬間でした。
もうみんな死ぬしかないじゃない!
そんな声が聞こえてきてもおかしくない状況。
金髪の魔法少女もあきらめるレベル。

でもねーこのゴジラ。

じつは被害を最小限におさえるチャンスはいくつかあったんですよ。
人類サイドが無能っていうわけじゃないんす。最善手をうっているにも関わらずとめられなかったんす。

今回はその場面にあわせ組織の欠点についてチェックしていきましょう!

「えっ?運営学を語るの?」

「そりゃクラクラ運営学ブログですから。読者、ご一読を!」

イレギュラーに弱い

ゴジラがまだ海におり存在が確認されていないころ、海中トンネルの崩壊がありました。

崩壊の理由は熱噴射。

組織のトップたちは「海底火山の噴火かなにかだろう」と断定。はなしを進めていく。

しかしそこに異をとなえる若者。

「トンネルつくるときメッチャ調べましたやん。海底火山なんて無いですやん。巨大生物の目撃情報ありますやん。それですやん。やんやんやん」をとてつもなく丁寧に発言する。

当たり前ですが全ツッパ。
誰もとりあってくれず孤立。

結果、対応がおくれて東京に上陸させてしまうことに。でもですね。
そりゃそうなるわ
トンネルを破壊するほどの熱源を発する巨大生物??はぁ???

そんな戯言につきあうくらいなら下調べの段階でなにか見落としがあったと考えるほうが建設的。
組織のトップはスピーディかつ確実な対応をもとめられます。

間違いがあってはならない。

組織がおおきくなればなるほどそれが顕著になっていく。
どうしても頭でっかちになっちゃうんすよね。

クラクラでいうとマッチングの『係数』や『方程式』が変わった。などでしょうか。
何千万といるプレイヤーがつくりあげた
この二点。マンセーするひとも多いのですがそれは危険がデンジャラス。
なんかおかしくね?
そう感じたときにサッとメンバーの大移動をおこなわないと手遅れになるときがあるんす。
たとえば『ユニットの係数が高くなったよー!』とか『THの影響がおおきくなったよー!』とかですね。

長年、クランのために貢献してきてくれたひとを「なんかおかしい」ってそんなフワッとした理由で移動させるのは確かに申しわけない。
対戦で何度か負けてみないと動けないクラン様も多いことでしょう。

ですが、平和ボケした俺たちの頭じゃ想像すらできない恐怖の権化(運営)がすぐそこまで来ているかも知れない。
リスクマネジメントはやりすぎくらいでちょうどいいと思います。

全長数十メートルのゴジラかとおもったらぬいぐるみサイズのがんこちゃんだった。そのときはまた元の布陣に戻せば良いだけですから。

まとめるのに時間がかかる

ゴジラがいざ上陸!!となったとき捕獲、撃退、排除。どれにするかの議論になりました。

ゴジラを調べたいひとvs
最小限の被害でとどめたいひとvs
最悪の事態を避けたいひと
ファイッ!!

ざっくりいうとこんな感じ
全員正解すよねコレ…

国益などにつながる可能性が高いから調べたい、ことを荒立てると国民がパニックになるから抑えたい、上陸されるとやべぇから仕留めたい。

総理が困るわけです。

結果まごまごしてゴジラがドンドンズズンと上陸しちゃったんすけどね。
ゴンゴンゴジラ、ほら通る。

まほらまは支部がたくさんあるのですが良い人材がはいったら悩みます。

この人は性格が良いから本部に!ガチ勢だから摩天楼に!いやチャットが好きだから黎明に!!

決定はリーダーである俺が決めてるんですが判断がおくれたらヤバイ。
「いつ本部にあがれるのかわからないのでやめます」そう言って突然出ていく人もいました。

それゆえに組織の上層部はササッとガッチリ間違いのない選択をしなきゃならんのですよね。
大変です。

意見が飛びかわない組織はよわい。とてつもなくよわい。ガオーとおたけび上げられたら尻もちつくレベル。

なので。まとめるのに時間がかかっても議論ができる組織になるのが理想っちゃ理想です。
ただし中身のない会議。てめぇはブォーっと鼻息で飛んでいけ。

そのとき最善手でも…

ゴジラにはいくつか形態があります。

まず第3形態。
みんなが見慣れている形態。ポスターに使われてるのもコレ。いわば『バトルモード』。
おおきくて黒光りしてて硬そうな見た目。まるでアレのようですね。うん。ナニとは言いません。みなさんのご想像にお任せしますらお。

次に第1形態。
肌色でふにゃふにゃしてて変な液をじんわりと出す。そんな形態。
「これからナニかがはじまる」いろんな妄想をかきたてる。そんな形態。「ナニかってなんだろう」妄想したひと。かなり変態。

最後に第2形態。
ふにゃふにゃしてたのがちょっと硬くなってむくりと立ち上がった形態。もう完全にちんこ。
この第2形態のときにちんこを仕留める千載一遇のチャンスがありました。

バトルモードのちんこはヤる気満々なのでガッチガチ。

でも第2形態は別。
立ち上がったばかりでまだ小さいand柔らかい。
ダメージを与えられそう。

ちんこがズンズンと進んでいきます。

これ以上、大切なアレに突入させてなるものか!総理が攻撃の指示をだします。

そこに現れる老夫婦。

ダメだ!このまま攻撃したら老夫婦が巻きぞえになってしまう!

攻撃中止。

もし、このとき攻撃できていれば…

でもね。そりゃ出来ねぇわ。

だってあんなふにゃふにゃがガッチガチになっていろんなもの発射するなんて思わないんだもの。

総理はなにも間違ってません。

でも、それが最悪の結果を産んでしまった。

このときに仕留めなかったがゆえに東京を崩壊させてしまった。

組織というものの限界を感じさせるシーンでした。

さいごに。

このシン・ゴジラ。「内閣が無能」というコメントをよく見ます。

俺はそうは思いません。

組織を運営する以上、一度のミスも犯さないなんて不可能です。トップは自分なりの最善手を打ち続けましょう。

それがたとえ将来的に悪手となっても見てる人は見てます。クラッシュアンドビルドで何度でも立て直せばいいんです。まっすぐ突き進んでいれば手伝ってくれる人が絶対います。

好き勝手に「あいつは無能だ、間違ってる」という人は言わせておけばいい。

そういった人達が独り立ちをして失敗してきたのを俺はたくさん見てきました。

人の揚げ足ばかりとる人なんてそんなもんです。シンがない。

俺たちは目指しましょう。シンのあるひとに。

 

めげない!しょげない!泣いちゃダメ〜!

いけいけリーダー!!!

 

以上。今日も実りある日になりますよう

関連記事

  1. R7
  2. K26zRRBI.png-large
  3. R9-2
  4. core_09
  5. c82
  6. A1