クラン活性化の秘訣!必要なたった2人の裸の男とリーダーシップ|くらっちゅ|クラクラ

この記事は約2分31秒で読めます

こんにちわ、ada ada_coc)です。

 

突然ですが、あなたは人前でパンツ一丁で踊ったことがありますか?今回は、パンツ一丁で踊った男が巻き起こした驚くべき結末についてです。

 

彼らが示したリーダーシップは、クランに元気がなくて悩んでいるあなたに。 一生懸命やってるつもりなのに周りの反応が薄い時に、一つの方法を教えてくれると思います。

 

1.裸で踊る男はただの「バカ」?

あなたの近くに、1人パンツ一丁の裸で踊る男がいます。あなたは、どうしますか?

  • 遠巻きに眺める
  • 一緒に踊る

それでは、いつの間にやら裸の男の周りは、踊る人で溢れています。その時、あなたはどうしますか?

  • 遠巻きに眺める
  • 一緒に踊る

大抵の人は、最初の質問に「遠巻きで眺める」と答え、2番目の質問に「一緒に踊る」と答えたでしょう。 僕も恥ずかしがり屋なんで、もちろん最初は近寄らず、後からのこのこという感じです。近くに裸で1人踊る男がいたら、おかしな人だと思って近寄らないですよね。

 

ところが裸で1人踊る男は、クランでも実社会でもよくあることなのです。クランを立ち上げた時、新しいイベントを始めた時、新しい事を始めた時は、あなたは裸で踊る男なのです。

 

周りの人達と違う事を始めたあなたを、周囲の人は警戒し、冷ややかな目で眺めます。よく思わない人は、やめさせようとまでするでしょう。 人は周りから逸脱している人を警戒し、出る杭は打とうするものなのです。

 

2.ただの「バカ」で終わらない為に、大事な2番目の働き

1人踊る人、頑張ってる人、始めた人を、ただのバカにさせない為に必要なこと。

 

それは、2人目の働きです。 2人目の裸で踊る男は影響力があり魅力溢れる人である必要があります。

 

最初に踊り出した、一見すると「バカ」と言われかねない人を強烈にフォローし、周囲の人の価値観を変化させる必要があるのです。

 

周りで冷ややかに眺めている人達に、1人の「バカ」のフォローの仕方を示します。そして、周囲の人を巻き込む様に誘っていくのです。

 

2人目の働きで、どんどんと周りは引き込まれ大きなうねりが出来上がるでしょう。

 

もし、クランに勢いがないと感じるなら、クランの中で1番影響がある人に話をしてみよう。そして、一緒に踊りまくってみよう。

 

3.スイッチをいれることの大事さ

クランに元気がなくて、悩んでいても何も変わらない。元気になるスイッチを押さないと動き出さない。

 

電気をつける為にはスイッチを入れないといけない。そして、人が動く為にもスイッチが必要です。

 

人は変化すること、自ら動くことを嫌う。 僕は勝手に、心の慣性の法則と名づけてる。

 

慣性の法則とは 物体は止まり続けようとし、動き続けようとする。

 

動き出すには、大きなエネルギーが必要です。しかし、一度動き出せば、後は自然に動き出す。

 

動き出したメンバーをみたら、乗り遅れてはまずいという心理が働き、あとは大きな流れとなる。

 

4.スイッチが入るところを見てみよう

 

まとめ

あなたは、裸で踊れますか? そして、一緒に踊る2番目の人がいますか?

 

クランに勢いを感じない時、あなたは1人、裸で踊っているのか?あなたをフォローする2番目の男がいるのかをチェックしてみてください。

 

  • 1人目は、1人でも踊れる勇気が必要。
  • 踊り続ける忍耐が必要。
  • 2人目は、周りにフォローの仕方を示す。
  • 周囲を、誘い巻き込む働きをする。
  • 2人の力が合わさり、始めて大きな流れができる。

今日も、楽しいクラクラ ライフを!

adaada

ada

クリティカルヒットを狙って記事執筆中。
あたるもはずれも術中。
クラクラブログに光あれ!!

成田クランクラブ所属

著者の最新記事

関連記事