クラン戦【200勝】達成、クランレベルも10へ|クラ牙狼|クラクラ

この記事は約1分53秒で読めます

ざっくりいうと

  • クラン設立から1年半
  • 地道に積み重ねて
  • クラン戦200勝!

おすすめ

クラン戦勝利数

ようやく200勝しました!
が、勝利数にあまり意味って感じてません。
あえていうならば、長期運営の歴史でしょうか。

クラン戦やってて勝利数が多いクランでも下手なところはあります。
うちもそう上手いわけではないです。
だから、連勝に連勝を重ねて【実力】で勝利数をもぎ取って来たところと、
ゆっくり積み重ねてきたクラン。

我々は後者だと思います。
だから、200勝という数字に何か特別なものを感じるか?
と言われれば大きくは感じません。
でも、色々と振り返って考えてみると

「もうそんなに時間が経ったのだな~」

と感慨深くはありました。
それに重ねて、色んな人と出会ったなと。
少しづつ中心メンバーが増えて、また新たなメンバーが増えて。
とても良い時間を過ごせました。

リーダーとして過ごす

私がこのゲームの中でリーダーとして自分に求めたのは1点だけ。

ブレない事

それだけでした。
いくらルールを作ってもゲーム世界のルールでは、
なかなかフィードバックが得られません。
だから、ルールに関しては【理想】しか求めない。
みんな好きにやって最高の結果を出してくれ。

これは現実の仕事では無理でしょう。
全てフラットな組織はとても長期に渡って維持することはできない。
けれど、クラクラならばできる。
なので、ルールには時間を割かない事にしました。

各自、【察して】結果を求める。
日本人の感性のひとつとしてやはり【察する】という事はあります。
ルールを捨て、感性で繋がれる人だけを集める。

それをブログで表現したり、クラン運営で人と関わる中で自分の求めるものをシンプルに表現する。
ずっとブレずに続ける。
続ける中で無駄な部分を削いで削いで、自分の本質を見つける。
問題はいろんな角度からやってきます。
けれど、自分が求めるものを根幹に置く事で答えは出てきます。

これは凄まじく私に良い経験をもたらしてくれました。

仕事人として役職がついてくる中で自分のチームで実現したい事。
それをまとめ、人に伝える会社へ伝える力。
会社のビジョンを理解する力。
家族の将来像を描く力。
自分自身がどう生きたいのか考える力。

リーダーの経験は理解して取り組めば必ず現実社会へフィードバックされます。
それを一緒に作り上げてきてくれた仲間には感謝したい。
ひとつ、200勝というのは分かりやすいポイントかもしれませんね。

これからもよろしく。
クランレベル10までもう少し!

メンバー募集内容は下記!!

BBARush募集要項は下記画像を

Loomy-01

みずの個人ブログは不定期更新!
下記画像を

R2-2

みずみず

みず

クランBBARushリーダー
年齢:31
性別:男
福岡在住、妻、子供3人(7歳長女、4歳長男、0歳二男)
根っからの営業マンです!

個人ブログはこちら
http://clashofclans-mizu.hatenablog.jp/

著者の最新記事

関連記事