クラン対戦で活躍するために必要なこと|操練所|クラクラ

この記事は約2分16秒で読めます

ざっくりいうと

  • プロってナルシスト
  • 自信は必要
  • 努力も必要

おすすめ

その一音で会場の空気は一変した

ピアノコンクールの会場。エキシビジョン的に審査員の先生がピアノを弾いてくれた。
私自身、プロのピアニストの演奏を聞くのは初めてだ。

女性は胸を張り、手を腰の後ろで組み、肩周りを伸ばす。そして脱力。
天井を仰ぎ、左足をすっとペダルに乗せ、右手を鍵盤にかける。
そのルーティーンと思しき一連の所作に見入るオーディエンス。

唐突な一音。その一音で会場の空気は一変した。

そこから一切の淀みなく流れる音、滑らかに皇かに心地よく響き渡る。
ある種、自己陶酔しているかのように一心不乱な演奏が続く。
先ほど我が子が弾いていたのは本当に同じピアノだったのかと疑わしくなるほどに豊かな表情をたたえるピアノ。
弾き手が違うだけでこうも違うものかと思った。

ただ、その間、我が子はずっと変顔の練習してましたけどね。

今日もお疲れいーす。夏太ろいーす。上記のことから私が感じたことは二つ

自信を持って対戦にのぞまないといけない

プロフェッショナルってナルシストです。
おそらくルーティーンからはもう自分の世界なわけですよ。
集中力マックス。衆目など気にしない。演奏にのみ全精力を注ぐ。
そこからの一心不乱。私のピアノを聴いて!私ピアノ上手いでしょう!

まぁ多分そんな感じ

全然、嫌味とかのつもりではなく。そうあるべきだと思います。プロなんですから。

ただ過信はいくない。

上手ではあるが、世界で一番からは程遠い。まだまだ努力する必要がある。
そんなスタンスなんてどうでしょうね。
そんな感じで対戦をこなしていきましょう。私の対戦ライブで見て!上手でしょう!

自分の技術を過小評価してはいけない。ミスを誇るなんてもってのほかですが恥じるものでもない。
普通に悔しがればいいんです。

雪辱を誓えばいいんです。そのうち驚くほど上手になっているはずです。

クラクラでもユニットの使い方ってのは非常に大事

ジャイやゴレはタゲを取る役目。ウィザードは施設を破壊する役目。
そうゆうのが多いと思いますがちゃんとそのあたりを明確に意識していますでしょうか?

結構いませんか?ゴレでタゲ取れてない防衛設備の範囲にウィズを置く人。

あと逆にゴレ出さなくても攻撃されないのにゴレ出してからウィズ置く人。
ゴレが無駄に疲弊してもったいない。
ゴレでどの施設のタゲをとるのか、いつまでとるのか、どう移動させるのか。

ジャイではタゲを取るのが目的のこともあるかと思いますが
ジャイヒーなどでは防衛設備の破壊もその役目となることもあります。

ウィズはどの施設を壊すのか、そのために何体のウィズを使うのか。

全く同じ編成だったとしても、その使い手によって結果が全然違ってくるのです。
いつかユニットの使い方を突き詰めて、突き詰めて、自己陶酔するほどに突き詰めて。

その一戦で空気を一変させられるようになりたいものです。

夏太郎 ( クラクラ操練所 )
クラン「舜之城」のリーダー。
ブログ「クラクラ操練所」を更新中です。
Twitter( @clacla_sorenjo )

夏太郎夏太郎

夏太郎

クラクラ歴2年、現在TH10。
勝率8割程度、メンバー25名程度というよくありそうな中小クラン
「舜之城」のもがく様を皆様にお届けできれば、と思っています。
こっちでもブログやってます→http://ameblo.jp/natsu--taro/ 

著者の最新記事

関連記事

  1. 2016.06.22

    かくれんぼ