クランを大きくしたいと思ったときに最初にやっておくべきこと|操練所|クラクラ

この記事は約1分53秒で読めます

ざっくりいうと

  • クラン運営やること色々
  • 色んな人にやってもらおう
  • 余った時間でクランを発展させよう

おすすめ


お疲れいーす。夏太ろいーす。( @clacla_sorenjo)

世のリーダーの皆様方、クラン運営大変ですよね

攻撃先の指示
問題点の抽出
改善点の指摘
援軍送付…

そらーもういっぱいしないといけないことがある。
そしてなぜだか問題が増えていったりする。

どこかの剣士が言ってました「困難というのは畳み掛けるのが世の常である」と。

私もクラン運営には苦労しました。

いや、今も大変だとは思っているんですが一時期ほどではないです。
っていうのが他の人に任せること。を覚えたからです。
やっぱ一人で防衛援軍入れたり、チャット盛り上げたり、星取ったりって限界があるんですよね。
そもそも☆6個が限界だし。

どこかの船長が言ってました「オレは剣は扱えないし船も操れない」と。
だからそうゆうのが得意な人をメンバーの中に見つけるといいんですね。

自分の理想のクランと比べてみて

対戦が弱ければ対戦が得意な人を
援軍のめぐりが悪ければ援軍送付に積極的な人を
チャットが過疎ってるならよくしゃべる人を

最初はある程度自分でやるしかないと思いますが、その範囲をすこしづつ狭めていく。
他の人に任せていく、任せられるような人を育成する。
それによって出来た余裕を使ってまた理想的なクランに近づけるための努力をする。

今の私はチャットも援軍も☆取りもクラン内ではそこそこです。
どの分野においても私よりも上がいます。

私がいなくてもクランは平常運転です。

おかげで私はイベントに出かけられます。

こうやってブログを書けているのもクラン運営そのものを考える時間が以前より減ったからだと思います。

本当に助かってると思ってます。クランとして充実していると思ってます。もう少し人数ほしいけど。
そして、一応リーダーなんで他の人に任せてばかりじゃどうなのって感じじゃないですか?

だから私は「問題点がでてきたら全力で当たる」ってのを心がけています。

先の船長は何もできないが「おまえに勝てる」ことをもって船長の役割としました。
私は問題点をスマートに解決できるなんて言えるほどの能力はありません。
ただ、全力で当たるってことは言い切れます。全力であたれば大抵解決できます。

そんなこんなで私は今日も外出してきます。

夏太郎 ( クラクラ操練所 )
クラン「舜之城」のリーダー。
ブログ「クラクラ操練所」を更新中です。
Twitter( @clacla_sorenjo )

夏太郎夏太郎

夏太郎

クラクラ歴2年、現在TH10。
勝率8割程度、メンバー25名程度というよくありそうな中小クラン
「舜之城」のもがく様を皆様にお届けできれば、と思っています。
こっちでもブログやってます→http://ameblo.jp/natsu--taro/ 

著者の最新記事

関連記事