クランにとって良いメンバーってなんだろう。|クラ牙狼|クラクラ

この記事は約5分3秒で読めます

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%ac%e3%83%ad

BBAみず( @mizu_BBARush)です。

メンバーが心配をしていました。

だから月曜日を前倒しで記事を更新!

心配事の中に

いいメンバーが辞めるのではないか?

というものがありました。

本当に良いメンバーは残る

メンバー全体からしたら、なんだそれ!
と思うかもしれません。
けどね、そういうもんなんです。
メンバーが心配している事もわかる。
けれど、大丈夫。

良いメンバーって何?

こりゃ難しいですが、
世間的に良いメンバーとは、活発で援軍入れまくってクラン戦では★を取ってクランを正し支えてくれる。
そんなメンバーではないでしょうか。

そういう人って、自己解決能力が高くてグングン自分で進んでいける。
リーダーからしたら非常に便利な存在。
助かるといってもいいでしょう。
でも、本当に良いメンバーってどんな状況でも

「今、問題を解決しようとじっくりやってくれる人」

だと私は思ってます。

光り輝く派手さだけが貢献ではない

前述した分かりやすく輝く人ってやめていきます。
その理由はとても分かりやすくて2つなんです。

人に迷惑かけたくない

これが最も多い。
これまでは、援軍送ってチャットしてクランの中心として活躍した。
けれど、

・仕事の都合で
・家庭の事情で
・クラン戦で悩んで

などなど
今までのように自分が思い描くように出来なくなってしまい、勝手に迷惑だと判断してやめてしまう。
このような意識高い系が陥るパターンです。

はっきり言って、そんなに影響でません。
また代わりにやる人が出てきます。
だから、自分の存在価値をクラクラに依存させないことです。

援軍送れん。
クラン戦出れん。
★取れん。

一番のダメージは、その人がいなくなることです。

遠くにいても家族が生きているだけで違いませんか?
子供が生きているだけで、友達が生きているだけで。
もっと言うと、あんまり会えなくても近くにいるだけで違わないでしょうか。

はっきりってクラクラは場所なだけで、
援軍も★取りもまあそれはそれで、
大事なのはその人がそこにいることです。

これを本当にわかってない。

分かってない人は会社で社長にも絶対やります。

やってみてください。

人を集めるということを。
また時期が来ればまたやれるようにもなる。
その期間を耐え抜く方が有益です。
見えてれば対応ができるんですから。

ベストコンディションで臨めることの方がなんでも少ない。その中でも成果を出していく訓練は必要ではないでしょうか?

クランへの貢献なんて後付けでしょ?

人がいてはじめて貢献が可能になるんです。

自分がどうか?
みんながどうか?

それをバランスよく考えれるようになれば、
もっと大きな信頼を勝ち取れるようになると思います。

このタイプの人は相当もったいないです。
一つ視点を身に付けるだけでとてもよくなります。
けど、分からないとモチベーションの起伏が激しく、
瞬間的な活躍しか望めません。

自分が自分に求めるレベルで納得しないと動けない。

ストイックでとても崇高に聞こえますが、

多くは行き過ぎで【エゴイスト】でしかありません。
チームです。
組織です。
自分がやりたい事、しかしみんなから求められること。
そのバランスを汲み取り、その中で輝き人を活かす。
時として自らが突破する。
そんな素養を自ら摘まないようにしてほしいと思います。

メンバーはそれができる人達だと私は思ってます。
クランでも仕事でも。

自分には合わない

もう一つはこれですね。
間違いではないと思います。
が、自分に合わせてくれる組織なんてあるの?

なので、正確な言葉としては

自分が思っているものと違った。

ということではないでしょうか。

自分には

と言ってる時点で勘違いです。
自分中心に世界はまわっているわけではなく、
共生する必要があります。
私いつも思います。

そんなに偉いの?ってw
すごい自信だなとw

多くは気づかずに使っている時点で勘違いして生きているのだと思います。
私は引き止めないし、いい場所が見つかればいいなと思って送り出します。

優秀な人は知っている

優秀な人は中長期で物事を判断します。
人はその一瞬ですべての価値が表現できるわけじゃありません。
成長もするし疲れもする。
いろんな面を知って深さを共有していく。

しかし、短距離が得意な人、長距離が得意な人がいるのも事実。

短距離の人は中長期の考えを意識すればいいし、
長距離の人は瞬発力を借りればいい。

自分自分自分ではなく、どう共創していくのか?

これが健全なんじゃないでしょうか。
短絡的に見切りをつけるのはとても危険な行為です。

優秀な人が陥りやすいポイントをご紹介します。
定期的に見直すといいと思います。

優秀な人の落とし穴①

人よりもやり過ぎる。

実はこれが始まりなんです。
人の何倍も動く。
クランの為に頑張る!
時間をとにかく費やす。

なぜか?

楽しいからです。
楽しいから動くんです。
楽しいからガンガンやる。

いい事なんですけどね。
私は逆に危険信号を感じます。

優秀な人の落とし穴②

クランの中心になる。

いい事です。
クラン戦の割振りしたり、
采配したり、
いけない事に対しては指摘をしたり。

クランにとって良い事をガンガンやってくれる。
リーダーにとっては頼れる存在になります。

が、リーダーが慢心すると足元をすくわれます。
この辺りからこの優秀な中心メンバーの負荷はドンドン上がっていきます。
本人は気付かないうちに。
そして、感じ始めます。

進んで発信しても返信をくれる人は限られる事を

指摘しても思った反応はなく、
何回も繰り返すメンバーもいる。

その調整をリーダーができないと次のステップに進みます。

優秀な人の落とし穴③

俺はこれだけやっているのに。
俺は正しい事をやっているのに。
理解してくれない。

これはもう末期症状です。

実はこれクランの中心メンバーのみならず、
リーダー自身が陥る可能性も非常に高いです。
私もそうなった事は数えきれません。

だからこそ、クランの中心になるメンバーには伝えていきたい。
優秀な人が孤立していく背景は簡単に説明するとこんな感じです。

そして、辞めていく。

ここに至るまでにリーダーが環境を整えられないと、
最後には自分で判断してしまいます。

ここは私には合わない。

前述したような結論が出ます。

優秀な人が陥る落とし穴はここにあります。
防ぎたいけど、どうしようもない時もあります。
仕事じゃないんで、金も払ってないんで、
自分の自由な時間でやることなんで。
契約に基づく強制力は持ち得ません。

自己解決できる人ほど近眼になりがちです。

だから、次の良いステップに是非進んでもらいたい。

メンバーの話を聞こう。
一人で解決しようと抱え込まなくていい。
出来ない事は恥ずかしい事じゃない。
相談する事は恥ずかしい事じゃない。

仕事では出来なくても家族に言えなくても、ココで練習しよう。失敗しても私がフォローするから大丈夫。

素直は何事にも勝る才能だと私は思っています。

もう一歩先の目線で見れないだろうか?
そんな人が増えてくるとクランはとても良くなる。
そうすればお互いに高め合える。

自分の部下にも同じようにしてあげられる。
家族にもそうできるようになる。
クラクラだけじゃなくて人生が豊かなものになる。

現クランは優秀な人がたくさんいます。
だから、彼ら彼女らにはそうなって欲しい。
その為にできる事を私はしたいと思います。

何よりも私自身がもう一歩先に進むために

それが、クランメンバーのためになると思うから。

クランメンバーと幸せなクラクラライフを

みず

みず

クランBBARushリーダー
年齢:31
性別:男
福岡在住、妻、子供3人(7歳長女、4歳長男、0歳二男)
根っからの営業マンです!

個人ブログはこちら
http://clashofclans-mizu.hatenablog.jp/

著者の最新記事

関連記事

  1. core_02
  2. core_02
  3. core_02
  4. core_02
  5. c102
  6. %e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%ac%e3%83%ad