クラロワ・クラクラに300万以上課金した配信者の話 | キルクロ翻訳

この記事は約2分42秒で読めます

core_07

おっす、こんにちは。クロロ( @linkjpgroup)です。

他人の財布事情を知りたくて、タイトルふんじゃった皆さん。

キール
ようこそ

ドズルかな!! きおきおかな!!みたいなね。
そんな淡い期待を裏切ってゴメン。今回は海をまたいで彼のお話。

キール
トミーかな!?
クロロ
タカラトミー?
プラレールっすか?? トミカっすか??
キール
あれれ!?
仲が悪かったでしたっけ!?
クロロ
プラレールとですか??
好きですよ。最近はプラレールアドバンスってのが出てて…

 

今回はチーフパッドのお話。だってキルクロ翻訳だもの。

海外で掲載された、チーフパッドへのインタビュー記事の翻訳。パッドの収入の予想も。引き続きお楽しみください。

 

世界一のクラロワプレーヤーは130万円ゲームに課金した、納得するその理由

トッププレーヤーになる為に、モバイルゲームに大金をつぎ込む人への偏見は存在する。
そういう人はだいたい親のスネかじっていたり、クレジットカードに大量の借金をしていたり、スロットマシンにお金を落としたり、まあそういう風に思われがち。

しかしクラッシュロワイヤルのトッププレーヤー、チーフパットは違う。
スーパーセルの新しい対人対戦ゲーム、人気のクラッシュオブクランをベースにiOS、そしてアンドロイドでこの数ヶ月アプリチャートのトップに君臨している。

とりあえず現時点では。

パットはすでにこのゲームに130万円使った事を明かしてくれた。
リリースされたまだ数ヶ月だというのに。

しかしこの数年間クラッシュオブクランに使った200万円に比べればまだ少ないと言えるだろう。

しかし彼はいわゆる先入観で見られる重課金者とはちょっと違う。
彼の2つのゲームに使った「投資」は実は結構…利口かも?

その理由は彼が超ビッグなユーチューバーだからだ。
そのチャンネルは、ほぼその2つのゲームにフォーカスしている。
彼は自分のユーチューバーとしての立場を考えれば使ったお金には一切の後悔は無いと言っている。

「後悔はしたことないよ、だってユーチューブは僕の仕事だから」と彼は言う。
「これはビジネスとしての必要経費なんだ、僕の視聴者たちに最高で最新の情報を届けないといけないじゃん?わかる?」とも言う。

それにしても2つのゲームで330万円?
頭がおかしいんじゃないかと疑う。

しかしパットのチャンネルの収入と照らし合わせるとその金額はバケツに落ちる一雫なのかもしれない。

チーフパットのチャンネルには174万人の登録者がいる。

そしてクラッシュロワイヤルのリリースを共に爆発的に増えている。
そしてユーチューバーの収入予想をしているSocial Bladeによると彼の収入は月270万〜430万位と推定される。
年収にすると数千万あると思われる。

これを考えれば自分の地位を維持するための330万位は安いと言えるだろう。

そしてパットはクラッシュロワイヤルの一般のプレーヤーの窮状についても語っている。

無課金のプレーヤーは精神を磨り減らし、このゲームを無課金で遊びたいと考えるならば、必ず問題にぶつかると。
そして彼はスーパーセルがこの事を理解していて近いうちに対策も練るだろうと。

誰かが計算した結果、無課金でゲームのカードを全てカンストする為には22年間かかるとか。
パットはそれを130万円使って達成したわけですが、無課金で遊ぶ為に長時間を投入しなくてはならない。

それをしない為には大金を使わなければいけないゲームの形がスタンダードになってはいけない、ともパットは言う。

私は(著者)スーパーセルのゲームは結構好きだ。
それは実際に「ゲーム」と言う感じがするから。
そこには興奮と戦略があるから、スキルが求められ「軍」を作り正しく使われる事を要求する。

無課金にはやはり限界がある。
プレーヤーはいつか課金者とあたりその壁を感じるだろう。
この「勝利の為には課金」のシステムがある限り、特にクラッシュロワイヤルのようなゲームでは。

クラッシュロワイヤルに関してはスーパーセルも何らかの変更を加えるべきだと思う。
しかし毎日1億7千万円近く売り上げているらしいので変える事はないかもしれない。

 

クロロ
わしの財布には170円しかないわい!!

 

キール
大変だ!!
今回はオチが雑だ!!!!
Quwrof

Quwrof

右投げ右打ちのサイドスロー中継ぎ投手。

座右の銘は「人のにぎったオニギリは味わわない」
とにかく早々に口腔を通過することに専念する。

クリプロのコンダクターでいて、LinkJPクラングループのリーダー。

特技は、活きたイカを殺すこと。
2本の指で確実に仕留める、イカ最大にして最強の敵。

著者の最新記事

関連記事

  1. 新アイキャッチ
  2. A7
  3. wef
  4. A1
  5. 新規に導入されるグループ共通のイベントについて
  6. core_05