クラメン追放前にもう一度考えてみて|操練所|クラクラ

この記事は約2分1秒で読めます

 

ざっくりいうと

  • 病気の誕生日
  • リーダーの価値観
  • クラメンの価値観

おすすめ

先日、妻が病におかされました

なんかこう書くとスゲー重い病気みたいですが、風邪です。
風邪とはいえ発熱著しく39度台。
そして奇しくも翌日は妻の誕生日。

病気の妻を気遣って看病に励む私。
ここでいい夫アピールをしておくことが、日々のクラクラライフを有利にします。

翌朝、私の第一声「おはよう、大丈夫?(よし、妻の病気を気遣ったいい発言)」

妻「うん、37度くらいまで下がったみたい」

私「お、よかったじゃん」

小さな子供がいると毎朝が戦争です。
時間に追われる。準備を急ぐ。まともな会話もままなりません。
準備をある程度済ませた頃に気づく視線
妻が私をガン見しています。

そうです。お誕生日おめでとうを言ってないのです。

「……た、誕生日おめでとう…」

「おめでとうすら言ってくれないのかと思った」

怖えー。毎年、誕生日にはプレゼントと怒りを買ってしまいます。
お疲れ様です。夏太郎です。

いや、どうなの?やっぱ全面的に私が悪いんですかね?
病気のことに一生懸命で誕生日を一瞬忘れていた私が悪いんですか?

できなかったことではなく、できたことを見る目って必要じゃないですか?

今日はそうゆう話です。

クランリーダーは千差万別、十人十色

様々な傾向・指針をもったリーダーがいて、絶えずクラメンを評価しています。
何も考えてないヤツもいるだろうけど。

対戦スキルを重視する人
結果のみを重視する人
礼儀・礼節・援軍・チャット。あとファーミングとか。

それぞれのリーダーが自分なりの価値観の中で重点を置いていく。

それはそれでその人の価値観なんで否定するつもりは全くないんですけど。

その、クラメンを評価するのって蹴るかどうかを考えてるケースって多くないですか?

やっぱできないことに目が行くっていうか。

自分で作ったクランなんで、基本的には全メンバー自分のお気に入りのはずなんですよ。
そこに新メンバーとか入ってしまうとどうやったって目立つ、気になる。少しの失敗でも、なんか引っかかる。

格下攻めて星1つだった。でも寄付はいっぱいしてくれてる。
寄付も攻めもイマイチだ。でもチャットは積極的だ。

なんというか、総合的にね。目立つということは現在のクランには無い人材ということです。
貴重ということです。

譲れるところ譲れないところ、あるとは思いますが
クランの幅を持たせるためには色んな役回りの人を入れてもいいんではないでしょうか?

夏太郎 ( クラクラ操練所 )
クラン「舜之城」のリーダー。
ブログ「クラクラ操練所」を更新中です。
Twitter( @clacla_sorenjo )

夏太郎夏太郎

夏太郎

クラクラ歴2年、現在TH10。
勝率8割程度、メンバー25名程度というよくありそうな中小クラン
「舜之城」のもがく様を皆様にお届けできれば、と思っています。
こっちでもブログやってます→http://ameblo.jp/natsu--taro/ 

著者の最新記事

関連記事

  1. 2015.11.26

    一戦入魂