クラクラとブロガーの3年

この記事は約5分7秒で読めます

今回はざっくり言わない

ブロガーの乱と実況と絵描き – 懐疑x目録
[ぜひあわせて読んでください]

今回は真面目

そんな風に銘打ったエントリーがこの界隈を賑わすんですか、今日は。
先日のTGSを以って、華々しく3周年を飾ったクラクラと、
それをとりまくブログについて書いていきます。今回は真面目。

しかし「あとで読む」方は、この記事と並行公開するこちらをどうぞ。
ブロガーの乱と実況と絵描き – 懐疑x目録

487,210件

さて、何の数字かわかりますか。

ヤフー・Googleなどで2015年9月に「クラクラ」関連の言葉が検索された値です。
恐らく8月も、7月も、その前も、少なくとも月間40万件以上のリクエストが続いていることになります。

この3年間、
この莫大な検索トラフィックを満足させ続けたのは、
ブログを含めた文字のコンテンツたちです。

表舞台に出てくるTH9以降の人々のことは今回考えず─

先週始めたクラクラっ子が
「TH4にするにあたって何から上げたら良いか」とか
「資源を取られたくない時にどうしたらいいか」と検索した結果が、
このトラフィックの大半を占めています。

そういう面々がネットでポチポチ検索しながら
クラクラの3年間を支えてきたと思っています。
その中でブロガーの諸兄は一定の役割を果たしてきた。
それも併せて認識しているところです。

実際のところ、「メンバーを増やすため」とか「活動を記録したいから」とか、ブログを始めるきっかけってその程度なんですよ。
しかし、動機が不純なそんなブログ達も、3年を経て発信元のブログが増え、その記事が増える中で、それは良質な書庫となって、莫大な検索トラフィックに応えられるようになったのです。

結果的にそうなったという部分を強調しておきます。
だって、元からクラクラの発展のために良質な書庫になろうなんて思って作られたブログなんてほとんどないから。
だから誰にも褒められなくたっていいんです。

ブログはつらいのか

クラクラは楽しくて素晴らしいゲームですが、トップを走っている自負があろう人間が
「クラクラのブログはつらい」と書くのはアカンと思うのさ。
界隈の主筆よ。

同じクラクラというコンテンツに心血注ぎ、
さらには同じメジャーリーグ版やきゅつくまでやっていて、
私の中学校の先輩である中沢啓治先生の「広島カープ誕生物語」を載せてくれる。
こんなにあなたを愛おしいと思った日はないよね。しかし続けます。

「クラクラは楽しくて素晴らしいゲーム」だと思うからこそ
「受け手にストレスのかからないブログ」を模索して
「それがいまも続いている」んですよね。

だって「文字は不利」だけど「他の媒体に劣」らないですから。

私もまったく同じことを考えながらブログを書いています。


だって日課ですから。目のつけどころと努力次第です。

併せて申し述べるなら「でしゃばりクソ野郎」こと主筆ならば、
これから筆を執るかもしれない新しい「ブロガー」のことも考えて発信して欲しい。

前述したように、スタートの動機なんて不純なブロガーがほとんどで、
その中には「アフィリエイト」でエメラルド買おうと思ってる学生だっているんです。
これからのブロガーのモチベーションを下げるようなことを言ってはいけない。

そういう芽を摘んではいけない。

動機はどうであれ、そいつらが躍起になって書き連ねたコンテンツが
主筆のクオリティを超えていくことだって、
ブロガーとしてのオーソリティの構図を塗り替えられることだって、
充分に考えられるでしょう。

だって「クラクラは楽しくて素晴らしいゲーム」だから。

そいつがブログを3日で飽きたって、優秀なコンテンツは残り続ける。
それがブログの良い部分です。

その反面、
タイトル詐欺を覚えて内容のないエントリーを連投する者もいますよね。

大丈夫、内容がなければ滞在時間が短く、収入も少ない。
飽きて辞めたとしても心配はいらない。

粗悪なコンテンツはGoogleによって淘汰される。

ついでに。「自意識過剰の野次将軍」のところは、
ざっくり毎月エメラルド70000個分を生み出す力を持っています。
ここは個人でどう考えるかなので、何も言いません(*’ω’*)

 

「他の媒体に劣」らないために取り組んだこと

3つあります。まず結論から書きます。

①ざっくり言うとを導入したこと。↓コレ

ざっくり (1)

利点は3つ。記事のあらすじが理解でき、
読む時間を極限まで短くでき、取捨判断がその場で出来る。

スマホユーザーが特に多いクラクラ界隈に於いて、
情報量と読了時間のバランスを取ることは重要です。
これは動画では真似できない、ブログならではの提供方法。
要するに、ブロガーの命とも言える
『本文を読んでもらうこと』をトレードオフしたことになります。

②アイキャッチに注力している。
アイキャッチ画像、ブログのレイアウト、ロゴ、全てにおいて他のブログはもちろん、動画コンテンツに負けないものを作った。

③役に立つコンテンツしか書かない。
クラクラ界隈のプレイヤー、ブロガー、ツイッタラー、これらの役に立つコンテンツのみ掲載しています。
開いてみて「なんだこれタイトルだけだな」と思われるコンテンツを世に送り出したくないし、
そういうコンテンツがアンテナからのアクセスを吸いまくるというのも迷惑ですからね。

しつこく引用し続けますけど、disってんじゃないですよ。
「文章はストレスがかかるものなんです」が、これは会話にも置き換えられます。
必要のない情報に聞く(読む)時間を割くのは苦痛です。
勘のいい人は気づくと思いますが、これは動画にも言えることです。

役に立つコンテンツを、興味を持ってくれそうな話しぶりで、簡潔にまとめてくれる。
これがこのブログで動画コンテンツに立ち向かうためのビジョンです。

ブログはつらくない

もちろん、『動画と対抗していく意味で』つらいと書かれているのだろうけど、
拡大解釈して応えようと思います。

 

みんな、ブログはつらくないよ。

 

毎日エントリーしなきゃいけないから?
ブログを毎日エントリーしなきゃいけないのは、まとめブロガーでアフィリエイト収入をガツガツ得たい人だけですよ。
『毎日更新しないのは読者への裏切り』みたいな風潮、軽く揉んでケツ拭くレベルです。
完全無視で構いません。

だってウチはクロロがTwitterで喋るかどうかでのアクセス増減のほうがデカいから…。(謎仕様)

アクセスがないと寂しいから?
まあこれは確かに。最初はシンドイかもしれないですね。
元からアクセスのある場所で記事が書けたらいいのにね。

絵とか画像の縮小とかできないから?
これもまあphotoshopとか使える人なら問題ないんだけどね。
もともとクラクラの素材がブログ用に加工されてたらいいのにね。
ということで、ひとつの帰結点として始めます。

LinkJPブログスペースと全機能無料開放始めます

 

今回、同時にエントリーしている「ブロガーの乱と実況と絵描き – 懐疑x目録」でも
詳しく書いていますが、これが私の導き出した答えの一つです。
この渦を作りだした一人の責任として、これを始めようと思います。

詳細は記事に任せますが、

  • このサイトをクランの垣根を超えて全ユーザーに開放
  • ブログを書きたい、絵を載せたい、映像を載せたいなどの用途で使用可能
  • 利用者希望者はTwitterのDMで申し込める
  • ブログのヘッダー画像などは約100種類あり、自由に使用可能
  • 記事の整形を依頼されれば私が対応するのでhtmlが一切触れなくても投稿可能
  • 投稿した瞬間から日計5000~14000アクセスに曝されるキモさを体感できる
  • アクセス解析は週1公開
  • 広告掲載の可否選択可能

準備は出来ていませんが、このエントリーが完了後から受付を開始します。

ここで遠慮してたら負けだよ。

ブロガーのチカラ、見せましょう。

 

QuwrofQuwrof

Quwrof

右投げ右打ちのサイドスロー中継ぎ投手。

座右の銘は「人のにぎったオニギリは味わわない」
とにかく早々に口腔を通過することに専念する。

クリプロのコンダクターでいて、LinkJPクラングループのリーダー。

特技は、活きたイカを殺すこと。
2本の指で確実に仕留める、イカ最大にして最強の敵。

著者の最新記事

関連記事

  1. クラクラ懐疑目録
  2. クラクラ懐疑目録
  3. クラクラ懐疑目録