クラクラでの理想的なサブリーダーとは

この記事は約2分28秒で読めます

ざっくりいうと

  • 否定的な意見は視野を広げる
  • 肯定的な意見は不安を無くす
  • だから何か言ったほうがいいよ

おすすめ

お疲れいーす。夏太ろいーす。

今日も会議は喧々諤々。編集所にて飛び交う怒号。叱咤・激励・罵詈雑言。
その全てに愛がこめられていることを私は知っています。クリプロは今日も書棚を埋めるのに余念がありません。
意見のぶつかり合いはブログの内容のみに留まらず、その人の発言・態度にも及んでおり、
もはやホントに社会生活さながら。
まぁ実際会議ですよね。声とか顔とかわからないだけの。

そんな中で私もしっかり指摘を受けたりなんかして。

どうも私の表現だと誤解を招くことが多いようなんですね。
正直言って今まであまり意識してこなかったことなんです。
それはもう指摘していただいて大いに感謝するところであります。こうゆう勉強もできるLinkjp。

んで、そんな誤解を招く表現でずっと会話を続けてきたクラメンズ。

きっと知らず知らずの内に傷つけてきたのかなぁ、なんて思いを馳せたり。
そういえば「感情が読めない」って言われたことあったなぁ、なんて思い出したり。
送られてくる援軍がやたら豪華だったりするのは実はご機嫌取りだったのかなぁ、なんて気づいたり。

こんな私を支えてくれるサブリーダーを中心としたクラメンズ。ありがとう、ありがとう。

で、どんなサブリーダーが好きかって話

自分の意見を臆せず伝えてくれること

これはもう前回の記事と被りまくってるんですが、リーダー一人の考えで運営するとクランは
狭っ苦しくなってしまいます。(クラン指針が合わず脱退したあなたへ)

3人寄ればなんちゃらじゃないですけど、それぞれの得手不得手を補完するクラン運営をするために意見をドシドシ寄せて頂くことは不可欠です。
クラメンが言ってました「伸びる組織は変化に対して寛容です」って。

あと、リーダーってみんな孤独だと思うんですよ。クランに一人、唯一無二の存在。
方針は間違ってないか、キックは正しい選択か、クラメンは不満を抱えていないか。
常に不安を抱えながらのクラン運営。
でも自分しかいないんだ、リーダーが迷ったらクラメンは何を信じる?
そんな思いで自分自身を奮い立たせる。クランの行く先を指し示す。

そこに「それいいね」って。ただ単純に賛成する。それだけでだいぶ違う。
一人が賛成の声を上げるだけでその不安は雲散する。

やっぱ肯定的でも否定的でも何か言ったほうがいいんですよ。積極的にコミュニケーションとっていきましょ。
クラチャに参加しましょ。クラクラってそうすることでしかコミュニケーションとれないんです。
何も言わないでいるとINしてるかすらわからない。

クラン全体を考えて動いてくれること

例えばメンバー勧誘を頑張ってくれるだとか。対戦の戦況を見極めて適宜格下取りこぼしを狙うだとか。

長~くプレイしてくれること

付き合い長いとそれだけよく考えを理解するのに有利っすよね。あと、普通にうまくなる。

もうなんか途中で面倒になったけど

星とか援軍数みたいに数字として目に見える部分というよりは別の部分が大事かなって思います。
もちろん最低限のスキルや援軍寄付は必要ですよ。
でも、そうゆうことができる人はいっぱいいるんです。
それに上乗せして何ができるか。そうゆうところをリーダーは見てるんじゃないですかね。

夏太郎 ( クラクラ操練所 )
クラン「舜之城」のリーダー。
ブログ「クラクラ操練所」を更新中です。
Twitter( @clacla_sorenjo )

夏太郎夏太郎

夏太郎

クラクラ歴2年、現在TH10。
勝率8割程度、メンバー25名程度というよくありそうな中小クラン
「舜之城」のもがく様を皆様にお届けできれば、と思っています。
こっちでもブログやってます→http://ameblo.jp/natsu--taro/ 

著者の最新記事

関連記事

  1. 2016.06.22

    かくれんぼ