カーバンの功績を讃える

この記事は約1分30秒で読めます

2013年、産声をあげて間もないクラン「StandBy」に舞い降りた天使─

カーバン。

 

彼が2015年6月末をもって引退。

その功績を世に知らしめるためにこのエントリーを残します。

 

 

 

 

よく覚えてない

私はカーバンが生意気なクソガキであること以外あまり覚えていない。

当時は珍しかった気球遣いであった彼に「空中盗撮少年」に改名することを勧めた。

彼が本気で嫌がっていたのを覚えている。

 

 

ぶっ殺してやろうか

私がイオンモールに夕食の買い物をするべく向かっていた車中での出来事。

いつものようにLINEのグループでクランの運営について激論を飛ばしていた。

「クロロさんがクランを広げ過ぎたせいで皆が散り散りになった」と言ってのけたのがカーバン。

場が凍り付いたが、私は冷静に判断し、大人の対応でこう言ったのだ。

「ぶっ殺してやろうか」

 

 

本気でぶつかってくる良いヤツ

周囲には、本気で「こうしろああしろ」と私に注文を付ける奴は少なかった。

カーバンはその数少ない一人だった。

LINEで通話することも少なくなかった。

カーバンは上手くいかない歯痒さで、涙をこらえきれなかったことがあった。

突然泣き始めたアイツに俺はこう言ったんだ…

「なにないてんのwwwww」

 

 

Arcadiaの生みの親

新クランの構想はカーバンの声から始まったと言ってもいい。

元老の連中も、主幹の連中も、何もしなかったことをコイツが動かした。

「いま停滞しているグループを再編すればきっとよくなる!!」

私はしばらく口を噤んでいたが、その言葉に突き動かされるように、こう言った。

「お前は事情も知らねえクセに口だけは良く回るな!!」

 

 

ひととおりフザケたので気が済みました。

 

カーバンは一本気なヤツだったので、私とよくぶつかっていました。

2回ほど、ぶっ殺してやろうと思いました。

それでも一緒にもつ鍋を食べたり、電話で話したりと、一番仲の良かった一人です。

 

18歳未満禁止のLinkJPに発足当時から在籍した高校生。

来年は受験です。

 

良い結果を報告しに戻ってこい。

また、ぶっ殺してやる。

 

IMG_2380(クリックで大きな画像を表示するよ)

QuwrofQuwrof

Quwrof

右投げ右打ちのサイドスロー中継ぎ投手。

座右の銘は「人のにぎったオニギリは味わわない」
とにかく早々に口腔を通過することに専念する。

クリプロのコンダクターでいて、LinkJPクラングループのリーダー。

特技は、活きたイカを殺すこと。
2本の指で確実に仕留める、イカ最大にして最強の敵。

著者の最新記事

関連記事