これって援軍釣れる!?この図を見れば一発解決!「追記あり」|操練所|クラクラ

この記事は約3分3秒で読めます

R7

追記

本記事に関しましてフレンドリーチャレンジでの検証をすすめましたところ模式図で示したものとは異なる結果になりました。

以下にその方法と結果を示します。

検証対象白マス

図1

ホグ投入角度

図2

[図1]に示すように各マスに1~27の番号を割り振り、その全てのマスに関して

[図2]に示す角度からホグライダーを投入しました。

なお、タップによってユニットを投入するこのゲームの性質上、多少の誤差が出る可能性があることをご了承ください。

5通りの投入角度のうち何通りで援軍が釣り出せたかに応じて各マスを色分けしました。

フレチャレ検証結果

各マスにおいてどの角度が釣れたのか・釣れなかったのかの図も併記します。

各マス結果

23番の上方向からの投入で釣れなかったのは予想外でした。やはりタップの誤差によって結果が変わってくるのではないかと考えております。

結果を見て分かるように、記事中で「100%釣れる」としていたマスに関しても角度によっては釣れないことがあるということが判明し修正しました。

誤情報を発信してしまい申し訳ありませんでした。今後はこのようなことが無いよう細心の注意を払っていく所存です。

 

本記事では、現在も検証を繰り返している「検証過程データ」を使用しています。概ねのところで高い再現性を発揮する実用レベルのデータです。
検証過程という性質上、予告なく記事内容が変更される場合があります。ご承知おきのうえ、ご活用ください。
但し、一定の条件下では結果が異なる場合があります。ご覧の方も是非、私たちと一緒に検証を進めてください。クロロ@クリプロ

ざっくりいうと

  • 釣れるかどうか
  • エクセルで模擬化
  • FCで検証

おすすめ

 

お疲れぃす。夏太郎ぃす。

タイトルの通り。今日は援軍釣りだしについて。

連れるのか微妙な配置

村を偵察しててさ「これって援軍釣れるのかなぁ?」っての無い?

だよね。あるよね。あるに違いない。あると言ってくれなきゃ進まない。

最近でこそ私、援軍釣らずに攻めてレイジでびゃーーーーって倒すようになったんだけど、
TH8の時はホグラッシュばっかやってたから援軍釣りだしマストだったんすよ。
なんかびみょ~な位置に施設置いてあったりして。

こうゆうの↓

Screenshot_2016-05-29-00-37-41

この場合、大砲に右からホグを出したら援軍が出てくるか否か。

ルーキーなら、わかんないけど出してみよう
中堅なら、無理っぽいから避けよう
ベテランなら、無理だと直感的に理解する

そんな感じかなぁ?

そう。答えはできない。

エクセルで模式図作りやした

さっきの画像のクランの城と大砲を表現するとこう。微妙なラインだからぜひクリックして拡大してみて。

つり出し2

赤い四角がクランの城が置かれている3×3のマス
黒い曲線がクランの城の感知エリア(13マス以内)
緑の四角が防衛設備の実態

 

ホグライダーの攻撃射程は概ね0.6なので、この緑の四角から距離0.6のところにとどまりハンマーでゴンゴン。
そのホグライダーが留まり得る地点は茶色のカド丸な四角

右からホグを出してもギリギリつり出せないの。黒い曲線の外で留まるので。あと0.1マス足りない。
でもホグを回り込ませることができればつり出し可能だね。横から取り付かせるとか。

まぁ今回のように直線上にある場合はいいんよね。これが分かっていれば簡単に判別できる。

でもそんな直線的な位置に目的の防衛設備があるケースなんてまれ。
なのでクランの城から斜めの位置にある防衛設備を想定して、その釣りだしの可否についてまとめてみたよ。

この図に関して誤りがあったため掲載後日追記・修正を行いました。詳しくは冒頭をご覧下さい。

画像3

100%ほぼ釣りだせる
は釣りだせる地点はあるもののかなり難しい
黄色は微妙。防衛設備の四角のカドあたりをターゲットにした場合釣れないけど、辺の真ん中をターゲットにすれば釣れる(その距離12.88マス)

 

クラクラで表すとこう!

つり出し1

模式図でののうち3つに大砲を、黄色には対空砲を置いたものです。
この距離感を掴んでおけばマルチで援軍の有無を確認する上で役に立つと思います。
あと配置考える時にも使えるよ。いやらしい場所に施設を置こう!

 

夏太郎 ( クラクラ操練所 )
クラン「舜之城」のリーダー。
ブログ「クラクラ操練所」を更新中です。
Twitter( @clacla_sorenjo )

夏太郎

夏太郎

クラクラ歴2年、現在TH10。
勝率8割程度、メンバー25名程度というよくありそうな中小クラン
「舜之城」のもがく様を皆様にお届けできれば、と思っています。
こっちでもブログやってます→http://ameblo.jp/natsu--taro/ 

著者の最新記事

関連記事

  1. sl-0715-2
  2. R10
  3. core_03
  4. img_2884
  5. A7
  6. R9