【クラクラ入門】クランに入らない?僕が独学をお勧めしない10の理由

この記事は約4分20秒で読めます

こんにちわ。ada ada_coc )です。

クラクラを始めてth4になったら、まず最初のビッグイベント!クランの城の再建がある。

えっ?クランって何?って言ってる?

クラン?面倒くさそうだしって言ってるそこのニイちゃん、ネエちゃん。

クラクラの本当の面白さを、完全に逃してしまうよ。

そう、「クラン」には、中国3000年の、、、いや、違ったクラクラ3、、、年の叡智が詰まっている。

独学でクラクラをすることよりも、ぼくが猛烈にクランに入って学ぶことを勧める10の理由。

 

そんなに勧めるクランとは何ぞ?

クランに所属する事で出来ることは、

  • クラン対戦が出来る
  • 仲間ができる
  • 援軍のやり取りが出来る
  • フレンドリーチャレンジができる、などなど

ひとりでマルチプレイをしていたら経験できないことがたくさんある。

しかし、それだけでない。猛烈なメリット10を紹介しよう。

 

1.我流でやらない、参考にできるメンバーがいっぱい

クラクラは、村を育てユニットを鍛えていくのに時間がかかるゲームだ。無課金で、タウンホールを10に上げるのに2〜3年もかかる。

僕がのんびり遊んでるだけかもしれないけどね。

しかも、間違ったと思ってもリセットが効かない。

タウンホールをアップグレードしたら、絶対、元には戻れないという一方通行になっている。

アプグレでの問題に「早上げ」がある。

メリット・デメリットを知らないであげると、ゲームを進めていくのに大変になって辞めてしまう人もいる。

解決策は、我流でやらないこと。

クランに入り仲間ができれば、タウンホール10や11の先輩がいるはず。

先輩たちがたどった道筋を参考にしよう。独自でやるなんて、どれだけ遠回りになることか。

 

2.チームワークの本質が学べる

クラン対戦は、一人一人のメンバーがチームとして機能しないと勝てない。

チームワークとは何か?

一つのクランは、資源が奪える、自分がやりたいこと、自分に得になることをいつも考えるメンバーが多い。

一つのクランは、クランにとって最善のことは何かをいつも考えるメンバーが揃っていた。

結果として、クランに一番利益をもたらすのはどちらだろう。

 

3.行き詰まった時にするべきこと

クラクラをやっていると、行き詰ることがある。

タウンホールをあげてすぐの、勝てない時。

クラン対戦で貢献できない時。

モチベーションが続かない時。

 

行き詰まるということは、自分が古くなり新しくなるための準備が必要になっているということ。

クランやクラクラの仲間と出会って話そう。

古い自分から脱皮するために必要なことが学べる。

 

4.日本人の良さを学べる

輪の中にいると、どうなっているかわからないことがある。

日本という国にいると当たり前に思っているけど、素晴らしい事が沢山ある。

クラクラで出会った人は、年齢や職業、貧富の差があっても、分け隔てなく付き合える。

そんなもの関係なしに、みんなで喜び、みんなで心配し、お互いを思いやって楽しめる。

そんな日本人の生き方や良さを学べる。

 

5.集団の中で生きる術が学べる

家族、学校、部活、会社、趣味の事、必ず集団の中の自分という位置は変わらない。

 

どんな人といても、自分を見失わない。

どんな人といても、その人と調子を合わせて楽しめる。

 

この2つのバランスをとる事は、すごく難しい。

自分見失わない事が強すぎれば、世界は広がらない。

人に合わせすぎると、自分を見失ってしまう。

この事に正解はないけど、目指すものは「他人の意見を大切にして、自分の意見をしっかり持つ事」

もしクランに、自分のお手本になる人がいたら真似をしてみるといい。

いろんな人がいるクランで、学べるいい機会になる。

 

6.調べるよりも聞こう

知識をいっぱい溜め込んでる人がいる。

その知識が、実戦で役に立つかはよく分からない。

もし、生きた知識を身につけたいと思うなら、直接クランに入って、その場に行って話を聞き、その目で見て、体感してみよう。

生きた知識を得るには、それが一番早い。

 

7.ヒントを無駄にしない

クランのリーダーや、高レベルのプレーヤー、かっこいい生き方をしている人がいたら。

本当の知恵を身につけたかったら、やり方、生き方、アドバイスを斜に構えないで、一度試してみたらどうかな?

クラクラのやり方、考え方は、どこかで必ず役にたつよ。

 

8.情報をむさぼりすぎるな

上手くいかなくなった時に、どう解決したらいいかと調べる。

ブログ読んだり、動画みたり、上手な人のやり方を真似したりする。

知識は、問題が起こった時に解決するために必要なもの。

ただただ、好きで調べる、情報を集めるとういだけじゃ、趣味の世界。

実践で起こる問題を、クランの仲間がどう解決しているのか?

知識だけの情報じゃない、本当の解決法がそこにはあるはず。

 

9.仲間を助ける

クラクラで、出会った仲間かもしれない。

もし、その仲間が間違ったこと、道を踏み外すことをしたら全力で叱ろう。

遠慮する必要なんかない。

顔を見たことも、声を聞いたこともない、クラクラでしか会ったことないかもしれない。

うるさい、余計なお世話だって言われるかもしれない。

必死で絞り出した勇気が、必ず長い付き合いができる仲間を与えてくれるよ。

 

10.力を引っ張り出す

どんな人でも、自分の力だけでは、自分の中にある力や能力、才能を引っ張り出すことはできない。

それを引き出してくれる人は、間違いないく、自分の仲間か師匠かリーダーか?

グダグダやってた僕を、サブリーダーにひっぱり、力を引っ張り出してくれたのはリーダーだった。

クランの中には、そんな人が必ずいる。そんなクランを選ぼう。そこで、必死でやってみよう。

間違いなく、自分の中に眠る素晴らしい才能があるはず。

 

まとめ

独学でも上手になるし成長できる。

だけど、時間がものすごくかかるし、それ以上に損をすることが多い。

長く遊べるクラクラだからこそ、クランに入って学ぼう。

世界中にある多くの素晴らしいクランには、自分の手本となるような人が必ずいる。

 

今日も楽しいクラクラらいふを!

 

 

クラクラを楽しみたい。

クラクラだけじゃく、学びたいって人、絶賛募集中!

教えることはできないけど、一緒に学ぶ事はできる。

 

↓ 下の画像をクリックしてね。

成田クランクラブ

adaada

ada

クリティカルヒットを狙って記事執筆中。
あたるもはずれも術中。
クラクラブログに光あれ!!

成田クランクラブ所属

著者の最新記事

関連記事